出雲キャンパスホーム > 入試情報 > アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

島根県立大学看護栄養学部 アドミッションポリシー

1.豊かな人間性を備え、看護学もしくは栄養学に関心がある人
2.人々の健康に関する分野で、何事にも前向きに挑戦する意欲がある人
3.保健・医療・福祉・教育等の分野を学ぶ上で、必要な学習能力を備えている人

看護学科アドミッションポリシー

教育内容・特色

島根県立大学看護栄養学部看護学科は、「自ら考え行動できる、視野の広い専門職業人」を育成することを目指しています。本学での教育を通じて、以下の能力を育成します。

1.看護を実践する能力
2.相手を理解し協働する能力
3.地域の特性と健康課題を探求する能力

教育内容の特色

1.地域に焦点を当てたカリキュラムの導入
2.看護実践を支える知識・技術の修得強化
3.学生の主体的な取り組みや課題探求力の強化
4.看護の質の向上への研究や地域貢献機能の強化

求める人材

1.人間が大好きで生命の尊厳を重視し、看護に高い関心がある人
2.強い責任感と倫理観に支えられた豊かな人間性を備えている人
3.コミュニケーション能力や看護学を学ぶ上で必要な学習能力をもつ人
4.主体的に課題を解決する意欲と行動力を備えている人

高等学校段階で修得しておくべき内容

1.高等学校教育過程の基礎学力
2.保健・医療・福祉に対する高い関心や学習意欲
3.コミュニケーション能力と表現力
4.自分の考えや行動に責任をもつこと

健康栄養学科アドミッションポリシー

教育内容・特色

島根県立大学看護栄養学部健康栄養学科は、「自ら考え行動できる、視野の広い専門職業人」を育成することを目指しています。本学での教育を通じて、以下の能力を育成します。

1.市民としての教養及び実践力
2.管理栄養士に必要とされる専門性及び実践力
3.関連職種連携に必要とされる能力及び職業倫理に基づく実践力
4.地域の栄養改善のための実践力

教育内容の特色

1.関連職種連携を重視したカリキュラム
2.在宅栄養ケアに対応できる人材の育成
3.地域の健康・栄養課題を行政と連携して解決できる人材の育成
4.地域の健康福祉分野・地場産業との研究・教育活動を介した連携

求める人材

1.自然科学に基づく思考力・分析力や食と健康に関わる学問への興味・熱意をもつ人
2.管理栄養士としての専門知識に基づき、保健・医療・福祉・教育等の分野において社会に貢献しようとする意欲を持つ人
3.地域への関心と人への思いやりをもち、地域社会において関連職種や関係機関と連携して活動するための協調性を備えている人

高等学校段階で修得しておくべき内容

1.高等学校教育過程の基礎学力及び自然科学に基づく思考力と分析力
2.食と健康に関わる分野への明確な目的意識
3.積極的に学ぶための学習習慣
4.相手を尊重し、適切にコミュニケーションできる能力