出雲キャンパスホーム > キャンパス情報 > 保健管理センター > 保健管理センター長のひとこと

保健管理センター長のひとこと

糖質過剰症候群

2019/8/21

 保健管理センター長の一言【糖質過剰症候群】

 5月22日に「「糖質過剰」症候群 あらゆる病に共通する原因」(清水泰行著)が発刊されました。肥満や糖尿病は、糖質が原因と認知されつつありますが、その他の多くの疾患も、元をたどれば一つの原因につながり、それが糖質の過剰摂取であると指摘されています。清水先生は七千を超える論文を参照しつつ、「糖質過剰症候群」という新しい概念を提唱。裏付けのある形で様々な疾患(糖尿病、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、がん、脂質異常症、アルツハイマー病、うつ病、骨粗しょう症、片頭痛、非アルコール性脂肪肝、緑内障、白内障、加齢黄斑変性などの眼科疾患、変形性関節症、五十肩、脊柱管狭窄症、サルコペニア、甲状腺機能低下症、不妊症、子宮内膜症、乾癬、ニキビ、脱毛症、逆流性食道炎、難聴、パーキンソン病、前立腺肥大、頻尿……等々)と糖質過剰摂取との関係を説いておられます。
 「1型糖尿病、2型糖尿病に続き、アルツハイマー病を3型糖尿病、緑内障を4型糖尿病と呼んでいる人もいる。では、5型糖尿病はどの病気であろうか?このままいってしまうと100型糖尿病というのも出てきてしまう。それよりも、全てを網羅して、「糖質過剰症候群」とまとめればすっきりする。」「推測ではあるが、糖質過剰摂取が、自己免疫を狂わせてしまったのではないかと考えている。そうだとすると、1型糖尿病も糖質過剰症候群の一つと考えられる。・・・・・そう考えると自己免疫疾患も糖質過剰症候群の一つだと捉えられる。」などと記されています。私は自己免疫疾患の原因は「腸管壁浸漏症候群」(リーキーガット症候群)だと考えていました。自己免疫疾患はインスタント麺、ファーストフード、菓子パン、チップスなど着色剤、防腐剤、酸化防止剤などの食品添加物、化学調味料、安価で粗悪な油、精製穀物が使われている食品が容易に手に入るようになった1970年代から増え始めましたので、糖質過剰摂取、リーキーガット症候群の両方が自己免疫疾患と関連していると考えても納得できます。
 血糖値を上昇させるホルモンは成長ホルモン、コルチゾール、アドレナリン、甲状腺ホルモン、グルカゴンなど複数存在しますが、血糖を下げる役割を担っているのはインスリンだけです。このことは人間の身体は、基本的には血糖が下がることに対してのみ備えていて、血糖が上がることを想定していないと考えられます。したがって、現代のような糖質の多い食生活では、インスリンを酷使してインスリンが過剰に分泌され、インスリン抵抗性となりやすい環境に陥りやすくなっています。そうなると、免疫系・内分泌・神経系のバランスが一気に崩れて肥満、糖尿病だけでなく清水先生が「糖質過剰症候群」として指摘されている様々な疾患のうちのどれかが発症しても不思議ではないと思います。車はサイドブレーキを掛けたまま、アクセルを無理やりふかせば壊れます。私は「糖質過剰症候群」は車で言えばこのような状態が人間の身体で起こっている状態だと考えます。成長ホルモン、コルチゾール、アドレナリン、甲状腺ホルモン、グルカゴンには血糖値を上昇させる以外に様々な機能があります。インスリンにも血糖を下げるだけでなく、いろんな機能があります。神経細胞の構造・機能・生存の維持、神経細胞の保護、微小循環血流の増加による組織の虚血防止、ミトコンドリア機能保全、抗炎症作用など様々です。インスリンの過剰分泌、そしてインスリン抵抗性によるインスリンへの反応低下が出現して、インスリンの本来の機能が低下したときに個々の臓器・組織で特異的な「糖質過剰症候群」(異常)が出現してもおかしくないです。
1)白米、パン、うどん、パスタ、ジャガイモの白物5品は摂らない。玄米、全粒粉パン、そばも摂らない。
2)食事内容は原則食品100g中に含まれる糖質含量が10g以下の食品(肉、魚は該当する)を摂取する。
3)野菜をしっかり摂取する。果物はアボカド以外は原則摂取しない。
4)カロリー制限はしない。食後に空腹感を感じない程度の量を摂取。
5)オリーブオイル大匙1杯以上、ココナッツオイル大匙2杯以上を1日に摂取。
6)飲酒は夕食時に糖質0ビール350ml/day、辛口赤ワイン125~250ml/dayまで。
 これが私が提唱する「糖質過剰症候群」予防のための食事法です。食べてはNGの食品は写真を参考にして下さい(写真で掲載しているビールは糖質0でない普通のビールです)。そんなに難しいことはないので、試してみる価値はあると思います。もちろん、「「糖質過剰」症候群 あらゆる病に共通する原因」と「運動するときスポーツドリンクを飲んではいけない パーフォーマンスを上げる「糖質制限食事法」」(清水泰行著、2017)を是非、読んでみて下さい。
                    ※参考文献は「「糖質過剰」症候群 あらゆる病に共通する原因」をご覧下さい。

写真

写真
写真
写真

令和時代のスポーツ観戦

2019/6/24

保健管理センター長の一言【令和時代のスポーツ観戦】 

 先日、京セラドーム大阪(写真1)でセ・パ交流戦・オリックスバファローズ vs 阪神タイガース戦を観戦しました(写真2)。球場に着くやいなや、京セラドーム大阪の新定番「toribo(トリボー)」をつまみに生ビールを飲み始めました。いいですね!ビールを飲みながらの生の野球観戦は。打者、ランナーの数、カウント、得点差、何回であるかなどにより、一球ごとに野手の守備位置が変わるのがわかります。この何とも言えない臨場感、本当におもしろいです。この日は阪神の先発・岩田が5回まで粘りの投球、6回表に阪神が1点を勝ち越す(2-1)と6回7回は小刻みな投手リレーで8回裏はセットアッパー・藤川球児に繋ぎました(写真3)。ご存知のように大リーグに行く前は、藤川はクローザー(抑え)でした。全盛期のような球速は今はないですが、球の切れ・コントロールは全盛期と変わらないいやよくなっているような感じでした。9回にはクローザー・ドリスが登場しましたが、自らのミスでオリックスにサヨナラ負けを喫しました(3x-2)。6回表に阪神が勝ち越した時点で、ビールは2杯目になっていました。
 今年の交流戦もパリーグが勝ち越しました。私はネット配信でも、パリーグの試合はめったに観ないですが、指名代打制採用で投手・野手ともに技術が向上したのではないのかと感じています。これが近代野球の一つの特徴だと思います。今回、観戦したオリックスにも知らなかったですが(私だけかもしれませんが)、いい投手・野手がたくさんいました。以前はセリーグに比べてパリーグは人気がなかったですが、最近ではパリーグのホームタウンが全国にばらけて、地域密着型球団となり人気・野球のおもしろさはセリーグを超えるのではないかとされています。しかしながら、セリーグ野球がつまらなくなったと言っているわけではないです。私はめったに生の野球観戦はしない(できない)ですが、球場での野球観戦は勝敗は別として、スタジアムでしか味わえない一体感を野球を知らない人でも知っている人でも、観客すべてが感じて楽しむようになってきていると思うようになりました。そんな工夫がスタジアムで見られるようになりました。さらに、野球のエリートたちが真剣勝負をする夢舞台です。見応えがあって当たり前だと思います。
 私はスポーツ観戦が好きです。野球は阪神タイガース、バスケットボールは千葉ジェッツふなばしのファンです(ファンクラブ会員にも毎年なっています)。野球ではWBC、バスケットボールはワールドカップ、オリンピック出場などの際に代表チームが編成されます。野球の場合はWBC参加は当たり前ですが、バスケットボールのワールドカップ出場、東京オリンピック出場決定の際には、かなり話題になりました。最近では、八村塁選手のNBA1巡目指名などで盛り上がりました。しかし、私は、変だと言われるかもしれませんが、日本代表チームが好成績を挙げたり挙げなかったりにあまり興味がないです。自分の応援するチームの選手が代表に選ばれて、不幸にも怪我などをすることのほうが心配です。阪神タイガース・千葉ジェッツの試合結果に一喜一憂しながらテレビやDAZN観戦し、機会があればアリーナに観戦に行き楽しむ。これが私のスポーツ観戦の基本です。こんな話があります。2018年AFC(アジアサッカー連盟)チャンピオンズリーグは鹿島アントラーズが優勝しました。決勝戦のアウェー戦(テヘラン)には鹿島アントラーズのサポーターがかなり現地に行きましたが、その数は日本代表の試合が外国で行われるときよりも多かったようです。この話はよく理解できます。地域があり、そこにスポーツチームがあり、住民に愛され応援される。私はこれが本来のスポーツ観戦で、地域密着型のスポーツで、スポーツを愛する原点ではないかと思います。
 令和の時代になり、スポーツ観戦の持つ意味も変わりつつあるように感じています。
写真1
写真1

写真2
写真2

写真3
写真3

インスタグラム

2019/4/24

保健管理センター長の一言【インスタグラム】

 保健管理センターの役割は「島根県立大学に関わるすべての人々、とくに在学する学生がハッピーになるための支援を行うこと」ではないかと思っています。そのためには学生の健康管理・健康教育への支援・指導を適宜行い、学生の心身の健康状態をより積極的、効率的に把握することがとても大切であると考えています。私の勤務している出雲キャンパスの学生は卒業後に看護師・保健師・助産師・栄養士というメディカルスタッフになります。メディカルスタッフは、単に医療連携をアレンジするだけでなく、一人ひとりの患者様に寄り添い、患者様と同じ視点で共に楽しく理想の療養生活を築いていくことが要求される職種です。そのためには、メディカルスタッフ自身が日ごろから心身ともに健康であるとともに、楽しい暮らしをしていることが必要条件となります。このようなメディカルスタッフに接すると、患者様は自然と心が和んできます。したがって、学生時代から健康で楽しく、暮らすように心がけることが大切であると学生に話し、何より大事なのは、人生を楽しみ、幸せを感じることであると学生に理解してもらうようにしています。
 2017年のユーキャン新語・流行語大賞を受賞した「インスタ映え」という言葉を皆さまご存知のことと思います。私はFacebookのアカウントを持っていて、自分で撮った(自画自賛する)写真に短い文章・言葉を加えて投稿しています。Facebookにはとても人が読みそうにない長文を投稿する方がおられますが、そんなのは私はいつもスルーしています。最近、写真中心の投稿ならインスタグラムの方がいいなあと思うようになりました。学生に聞いたら、かなりの学生がインスタグラムをやっているとのことでしたので、春休みに1時間半かけて学生にやり方を教えてもらいました。始めてみて、学生がとても感心するようないい写真を投稿していることに気づきました。春休みに旅行に行き、行った先での楽しい時間をそれが伝わってくるようにとても上手く撮っていたり、友達と食事に行き、食べた食事を美味く感じられるように撮ったりしています。構図を意識して撮っているとは思えませんが、臨場感ある「インスタ映え」するいい写真が多いです。また、私にとっても写真を撮る際にとても参考となる点が多いです。
 彼らが結構、自分たちなりに楽しくやっていると感じて安心しました。大学生活において勉学はもちろんですが、ちょっとした遊び心も養って、生き物のように変化する臨床の場で心が柔軟で対応力のあるメディカルスタッフ、そして、家庭を持ち子供たちに惜しみない愛情を注げる母親・父親になってもらいたいと願っています。私も彼らが過ごしている出雲キャンパスが呈する四季折々の素晴らしい景色などを彼らに見てもらうつもりです。


最近、インスタグラムに投稿した写真の1部です。
 

良縁地蔵
写真1 鎌倉・長谷寺の良縁地蔵。

谷戸坂の桜

写真2 映画・「コクリコ坂から」の舞台の一つである谷戸坂の桜。

雲キャンパス中庭の春景色

写真3 出雲キャンパス中庭の春景色。

紫木蓮

写真4 出雲キャンパスに咲く・紫木蓮。

フェルメール展at大阪市立美術館

2019/3/1

  保健管理センター長の一言「フェルメール展 at 大阪市立美術館」

 大阪市立美術館で開催されている「フェルメール展」に行きました。昨年、上野の森美術館での「フェルメール展」にも行きましたが、大阪では東京で観られなかった2点が展示されていますし、東京で展示されていたうちの4点がもう一度観られるので行きました。また、東京展同様にオランダのフェルメール同時代の絵画も展示されていました。
 寡作で知られるフェルメール作品は、真贋論争が残る作品を含めても37点しか現存してないです。今回、来日した10点を時代順に紹介します(写真1~10. 1,2,5,7,9,10は大阪展で展示)。フェルメール作品の第一番目と推定される宗教画「マルタとマリアの家のキリスト」、それまで宗教画、物語画に取り組んでいたフェルメールがはじめて描いた風俗画「取り持ち女」、“北の聖母”と言われている代表作の一つである「牛乳を注ぐ女」、男と女の恋の駆け引きの様子を描いたとされる(私にはそうとは思えませんが)「ワイングラス」、オランダの大航海時代・海洋通称国家オランダを象徴するような「リュートを調弦する女」・「真珠の首飾りの女」・「手紙を書く女」、画面の右から光が入る数少ない作品の一つである「赤い帽子の娘」、フェルメール作品の中で最もサスペンス的だと言われている「恋文」、そしてまさに“光の魔術師”としての最盛期に描かれた「手紙を書く婦人と召使い」です。とくに「手紙を書く婦人と召使い」はまじかで観てもいいですが、離れて観ると光の当たり方がとてもリアルで、部屋の中で実際に起こっているありふれた日常生活を垣間見ているような感じでした。今回来日した作品はフェルメールが駆け抜けた約20年間の初期から晩年までの変遷が分かるように選んであり、感心しました。
 今回展示されているオランダのフェルメール同時代の絵画もゆっくり鑑賞しました。もちろんどれもとても素晴らしい作品ばかりだと思います。ある評論家の先生が、「17世紀のオランダ絵画はフェルメール作品だけが特筆に値するものではない。」と見解を述べておられました。僭越ですが、私は「フェルメールは様々な様式を駆使して光の魔術による表現を追求した17世紀オランダ絵画黄金期において最も傑出した画家」ではないかと思います。芸術作品に関して寓話や風刺、教訓など様々な「意味」が付け加えられています。そんなことは後世の人たちが勝手に言ったことであり、芸術作品の鑑賞は謎解きではないはずです。寓話や風刺、教訓などを知れば、作品を理解する助けにはなります。しかし、あくまでも時間をかけてゆっくり描かれている絵と対峙して、楽しむだけでいいのではないかと今回も思いました。もちろん、石原さとみさんがナビゲートする音声ガイドは何度も聞きましたが。
 フェルメールが手がけた風景画は2点しかないとされています。その一つはフェルメールが育ったデルフトの街並みを描いた「小路」で、すでに来日したことがあるようです。もう一つは私が一番観たいフェルメール作品の「デルフトの眺望」です。これは未だ来日していないです。もし、日本公開となれば大騒動になると予想されます。「デルフトの眺望」は鳴門市の大塚国際美術館に展示されていますので、機会があれば行きたいと思っています。「マルタとマリアの家のキリスト」の次に描かれたとされる「聖プラクセディス」は、フェルメール唯一の模写で真偽のほどは定かではないです。最近知ったことですが、驚くことに2015年3月より上野の国立西洋美術館にヨハネス・フェルメール(に帰属)として所蔵されているようです。常設展示ではないですが、たまに展示されているようです。
 大阪は日帰りでも行けますので、時間のあるかたはだまされたと思って行ってみて下さい。鑑賞したあとの爽やかな気分は何とも言えないです。エピジェネティクスにより代謝と長寿に関係した遺伝子がいい方向に発現しているような感じです。F先生、I先生、N先生は東京展に行かれたようです。

1 2 3

写真1                 写真2                 写真3

                   4  写真4  

 5 6 7

 写真5                 写真6                     写真7

 8  9  10

 写真8                  写真9                 写真10

11     12

写真11                              写真12 

13    14

写真13                             写真14

写真1 「マルタとマリアの家のキリスト」
写真2 「取り持ち女」
写真3 「牛乳を注ぐ女」
写真4 「ウイングラス」
写真5 「リュートを調弦する女」
写真6 「真珠の首飾りの女」
写真7 「手紙を書く女」
写真8 「赤い帽子の女」
写真9 「恋文」
写真10 「手紙を書く婦人と召使い」
写真11~14 フェルメール展の点描

ケトジェニックダイエットアドバイザー

2019/2/13

保健管理センター長の一言【ケトジェニックダイエットアドバイザー】

 先日、当大学の藤田小矢香准教授と井上千晶准教授が日本ファンクショナルダイエット協会(Japan Functional Diet Association)認定のケトジェニックダイエットアドバイザーの資格を取得しました。ケトジェニックダイエットアドバイザー仲間が身近で誕生したのはとても喜ばしいことです。二人ともさらにシニアアドバイザーを目指されることを期待します。認定番号は藤田先生が341、井上先生が344です。私は2015年7月に取得して認定番号が78ですので、3年半でアドバイザーが5倍近く増えていますから、ケトジェニックダイエットが広まってきていると実感しています。実際、私がケトジェニックダイエットアドバイザー養成講座(ケト検)を受講した2015年5月のころは、ケト検や同日に開催されるシニアアドバイザー養成講座後の懇親会はナグモクリニック東京院(いつものケト検会場)1階にあるレストランでこぢんまり行われていました。しかし、その後受講者の増加により懇親会はナグモクリニック東京院6階の講義会場で行われるようになりました。
 ダイエットとは世間では「痩身法」と捉えられていますが、「健康や美容を維持するための食事法・治療法」と理解するのが正しいと思われます。JFDAの提唱するケトジェニックダイエットは白澤卓二理事長・斎藤糧三副理事長によって考案されたもので、安全で健康効果が高いオリジナルな食事法です。糖質制限が基本ですが、JFDAのオリジナルルールでは、「糖質量が100gあたり10g未満の食品・食材は「低糖質食品」とみなし、1食分の糖質にカウントしなくてもよい。」とされていますので、意外にゆるやかな糖質制限で、安全性が高いです。1日に摂るべきタンパク質、食物繊維、ミネラル、オメガ3脂肪酸の量は大まかに決っていますが、カロリー制限がないためとても続けやすいです(だだし、腹八分目と感じるまでです)。ケトジェニックダイエット実践効果はルックスの変化、健康の実感、不調や病気の改善、動脈硬化の予防・改善、認知症の予防・改善、がんの再発予防など様々な報告がなされています。生活習慣病を患っている方、正しいダイエット意欲がある方、健康になるための最新の栄養学を学びたい方、認知症の家族がいて悩んでいる方、妊活中の方などにはおすすめであるとされています。
 私は当たり前ですが、医療従事者はまず自分自身が心身ともに健康であることが大切だと感じていて、講演などするときには強調しています。さらに孫が結婚して子供が生まれるまではボケないで健康でいたいと思っていて、辿り着いたのがケトジェニックダイエットでした。私の食事法の原則は1) 白米、パン、うどん、パスタ、ジャガイモの白物5品は摂らない。玄米、全粒粉パン、そばも摂らない。食品100g中に含まれる糖質含量が10g以下の食品を摂る(ただし、ニンジンとカボチャは少量を摂る)。2) カロリー制限はしない。食後に空腹感を感じない程度の量を摂取。3) オリーブオイル大匙1杯以上、ココナッツオイル大匙2杯以上を1日に摂取。4) 飲酒は夕食時に糖質0ビール(アサヒ クリアアサヒ 贅沢ZERO)350ml、辛口赤ワイン125~250mlまで。これを励行すれば、ケトジェニックダイエットあるいはセミケトジェニックダイエットを続けることができます。今後、増加するとされている糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞・脳出血、認知症、うつ、がんなどの生活習慣病に罹患してから治療するのではなく、予防して心身ともに健康で楽しく暮らしたいと誰もが願っていると思います。ケトジェニックダイエットはそんな願いを叶える理想的な切り札だと考えています。興味のある方は私に相談するか、「日本ファンクショナルダイエット協会」と検索してみて下さい。私の大学でも今後、ケトジェニックダイエットアドバイザーが増えることを期待しています。

1  2

写真1                             写真2

3  4

写真3                             写真4

 参考図書および論文
斎藤糧三 (2016年)「ケトジェニックダイエット 糖質制限+肉食でケトン体回路を回し健康的に痩せる!(講談社)
福田一典(2016年)やせる!若返る!ケトン体食事法(洋泉社)
Paoli A et al. Beyond weight loss: a review of the therapeutic uses of very-low-carbohydrate (ketogenic) diets. Eur J Clin Nutr 2013; 67: 789-796.

写真1(ガストのアボカドシュリンプサラダ),2(ガストのほうれん草ベーコン),3は昼食の1例です。
写真4は夕食の1例です。

保健管理センター

前月2019/8次月
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

新着ページ一覧