出雲キャンパスホーム > キャンパス情報 > 保健管理センター > 保健管理センター長のひとこと

保健管理センター長のひとこと

「フェルメール展」

2018/11/16

保健管理センター長の一言【フェルメール展】

 上野の森美術館で開催されている「フェルメール展」に行きました(写真1、註1)。現存作35点ともいわれるフェルメール作品のうち8点が展示されていました。2015年に京都市美術館で開催された「ルーブル美術館展」ではフェルメール作品は「天文学者」1点のみでしたから、今回、8点も同時に来日しているということは凄いことだと思われます。この8点は「フェルメール・ルーム」と言われるひとつの部屋に飾られていました。
 フェルメール作品は「フェルメールブルー」、「光の魔術師」などと形容されますが、「フェルメール・ルーム」に入るとそんないっさいの言葉を超越した何とも言えない雰囲気が感じられました。フェルメール作品に限らず芸術作品に関して寓話や風刺、教訓など様々な「意味」が付け加えられています。そんなことは後世の人たちが勝手に言ったことであり、とにかく時間をかけてゆっくり鑑賞するのが一番いいのではないかと思います。実際に作品をゆっくり間近で、そして離れて観てみました。私はフェルメールは白色を上手く使って、光の調節を工夫しているように感じました。今日、私たちはスマホ、デジカメ、一眼レフなどで写真を撮り、その後、様々な機能を駆使して試行錯誤しながら編集して納得できる写真に近づくように試みます。それは写真を撮った者ではないと分からない写真に込めた思いがあるからです。フェルメールは私たちが日常、写真を撮り・編集する作業と同じように絵を描くことでその場面に込めた思いを伝えたかったように思います。寓話や風刺、教訓などで意味付けることなど必要ないのではないかと考えています。蛇足ですが、フェルメールが手がけた風景画は2点しかないとされています。その一つに「デルフトの眺望」という絵があります。この絵を何でフェルメールが描いたのかについては涙が出るくらいの逸話があります。
 今回、「牛乳を注ぐ女」という作品があります。この場面をイメージした「フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ」がSoup Stock Tokyoで販売されていました(註2)。飲んでみましたが、臨場感あふれるスープでした。スープストックセットというスープ2つ(Sカップ)とご飯orパンのセットを頼み、もう一つは「ゴッホの玉葱のスープ」を選びました(図2)。このような食べ物を「アート飯」と言うそうです。こんな遊び心もいいなあと思いました。
 上野にはいつも国内外からいろんな世界最高級の芸術作品が来ています。パンダもいます。心のリフレッシュにとてもよかったです。

註1 https://www.vermeer.jp/point/
註2 http://www.soup-stock-tokyo.com/vermeer/

1  2

写真1                             写真2

「日本の長寿村短命村」

2018/10/10

保健管理センター長の一言【日本の長寿村短命村】

 前回、東北大学名誉教授・近藤正二先生が執筆された「日本の長寿村短命村」(1972年6月27日初版発行)(写真1-3)に関して、少しだけ紹介しました。今回は詳しく解説されていただきます。読んでみて筆舌に尽くしがたい素晴らしい内容で感激しました。
 女性セブン2018年8月23・30日号に『新われらの時代に/食と習慣が証明する・日本の「長寿村」「短命村」』として紹介されました。その冒頭に以下のような文言が書かれていました。『絶版となった後も、専門家の間で語り継がれる一冊の本がある。1972年に初版が発行された「日本の長寿村・短命村」(サンロード出版)だ。著者は東北大学名誉教授で医学博士だった近藤正二氏(1893~1977年)である。衛生学を専門とする近藤博士は食生活や生活習慣が寿命に与える影響に大きな関心を持ち、1935年から1971年の36年にわたり、北海道から沖縄の八重山諸島に至るまでの全国津々浦々990か所を、自らリュックを担いで訪ね歩き、各地で長寿に関する研究を重ねた。そして、「どうすれば長寿になれるか」に徹底的にスポットを当てた研究を口述で編んだのが「日本の長寿村・短命村」なのだ。』
 近藤先生はこの研究を始められた時には、「酒を飲むところは短命で、秋田県の人が日本一短命なのは、どぶろくを飲むからだ。」、「重労働のところは早く老化して長生きをしない。」と考えておられました。ところが、調査を進めると「酒を飲んでも長生きする。」、「重労働をしていても長生きする、労働過重が短命にした事実がみられない。」、「辛い仕事でもむくわれる。」ことに気づかれました。そして、「結局、何が長寿、短命の分かれ道になっているかという実際においては、それが食生活であることは事実なのです。」と明言しておられます。
 「日本の長寿村短命村」を要約すると、長寿村・短命村の食事は1) 米偏食、大食の村は長寿者が少なく、住民が一般に早老で、とくに脳卒中による若死に(40歳ごろから)が多い。2) 野菜不足で魚を大食する村は長寿者が少ない。とくに心臓疾患による若死にが多い。3) 長寿村では必ず野菜を十分に常食している。果物は野菜のかわりをしない。4) 海草常食のところは脳卒中が少ない。このような事実から考えられる健康長寿食は、1) 米(精製穀物)を控える。2) 魚、肉、卵もしくは大豆を毎日食べる。ただし大食しない。3) 野菜は多く食べる。カボチャ、ニンジンは特によい。果物は無理に食べなくてもよく、嗜む程度でいい。4) 海草も常食する。5) 油を毎日少しずつとる。6) なるべく牛乳を飲む。7) 食事はよくかんで味わいながらゆっくり楽しんで食べるべきものである。そして、毎日運動をする。とくに毎日歩くことが大切である。さらに、「日々の仕事の中に楽しみを見出して、毎日すすんで働くのが真の楽しみであり、それがまた自然に健康長寿への道にも通ずるのです。そして、もしそれが少しでも世のため人のためになるなら、このうえ幸いであり、真の生きがいでしょう。」と付け加えられています。間違いなく、現代でも通用する健康長寿法ではないでしょうか。
 現在では、この健康長寿法が科学的に証明されるようになってきています。この本の最後には、「特に毎食、大豆製品と魚を少量ずつ必ず食べるようにつとめ、また油も毎日必ず摂るようにしました。すると自然に米の食べ方が少なくて十分満足するようになりました。それとともに疲労しやすい体がいつとはなしに疲れを感じない、根気のつづくような体に代わってきました。・・・・・私の研究はすべて理屈は抜きにして、もっぱら実際たしかめて知り得た体験ばかりです。どうか、ひろく役立てて、元気に長寿を得られるように願ってやみません。」と書いてあります。私も糖質を控え、そのため少なくなったカロリーをタンパク質、脂質(オリーブオイル、ココナッツオイル、オメガ3脂肪酸)で補い、野菜を1日400g以上摂ることを基本とした食事を3年半以上続けていますが、疲れにくくなったように感じています。
 近藤先生は料亭の美食を好まれなかったようです。夕食は家でゆっくり家族と楽しんでするものですので、私も料亭で食事するなど考えられないです。近藤先生は料亭などでの宴会では、魚や肉は少量ずつ手をつけられて、もしそこに人参がなければ、常に手もとにもっておられる卸しがねで人参のおろしを作って召し上がられたとのことです。とてもいい話だと思います。私も先日、出雲市内のホテルで会食があった際に、前もってキャベツ千切りの大盛、トマトスライス(1個分)、糖質0ビール(アサヒ クリアアサヒ 贅沢ZERO)500mlをお願いしました(写真4)。納豆(舌鼓 あづま食品)と携帯用ココナッツオイルは持参しました。これらを先に食べると、安心したような気持ちになります。 
 「日本の長寿村短命村」は島根県内では出雲市中央図書館、島根県立図書館、松江市中央図書館に所蔵されています。おそらく、全国主要都市の図書館なら所蔵されていると思います。食の大切さ・ありがたさを実感・感動するために多くの方々に読んでもらいたい書籍です。
 
写真1 「日本の長寿村短命村」(初版)。
写真2 「日本の長寿村短命村」(新版)。内容は初版と同じです。
写真3 「長寿村ニッポン紀行」。「日本の長寿村短命村」(初版)と同じころに出版されていて、内容は「日本の長寿村短命村」と一部重複しています(島大図書館所蔵)。
写真4 本文の通りです。

1   2

写真1                            写真2

3   4

写真3                             写真4

「priceless」

2018/8/27

保健管理センター長の一言【priceless】

 GW前に義母が月初めにすぐにラインで送られてきたビデオが見えにくくなると言い出しました。母は3年前のGWに孫とラインするためにスマホを購入しています。ドコモに問い合わせてみたら、予想はしていましたが母の契約しているGB数が少ないためでした。そこで私たち家族のシェアパックに入れるように、ドコモショップで契約しました。その際にGW中にNTTドコモ光wifiを契約すると工事費(18,000円)が無料というキャンペーンがありました。義姉にも相談したら、すぐに契約してくれとのことでしたので契約しました。後日、プロバイダーへの申し込み、開通後の設定方法に加えて、お願いしていたYouTubeやYahoo Japanの見方などについてNTTドコモの方が家まで来て教えて下さいました。
 妻は時々、実家に帰ったときに母がwifiを介して上手くスマホを使えていると言っていましたし、母本人からもYouTubeで美空ひばりさんを初めとするいろんな歌手の歌が聞けておもしろいと連絡がありました。盆休みに帰ってみたら、母は私よりも上手にYouTubeを使いこなしていて、歌だけでなく様々な動画も見ていました。懐メロなどは聞きながら歌っていました。クロスワードパズルをするときには、分からないときには以前はスマホの辞書機能を使っていたようですが、今ではYahoo Japanで検索しているようです。
 話は変わりますが、今年の5月に西城秀樹さんがお亡くなりになりましたが、妻が若い時から西城さんのファンでしたので、亡くなられてからよくYouTubeで西城さんの歌を聞いています。日本の歌謡曲が元気で、ヒット曲を国民が共有していたころの大スターです。派手なアクションとハスキーな歌声にファンならずとも魅せられました。聞いていて本当に懐かしい気持ちになります。そのうちに西城さんの執筆された「ありのままに 「三度目の人生」を生きる」という書籍を購入することになりアマゾンで調べてみました。中古品から新品までいろいろありましたが、新品を購入しました(定価の3倍でした)(写真1)。妻、私、母の三人で読みましたから定価の3倍でも十分です。妻は到着後にブックカバーをかけて大切に持っています。
 東北大学名誉教授・近藤正二先生が執筆された「日本の長寿村短命村」という書籍があります(1972年6月27日初版発行)。近藤先生は1935年から36年かけて、北海道から沖縄の八重山諸島に至るまでの全国津々浦々990か所を自ら出向いて調査を行い、長寿、短命の分かれ道は食生活であることを詳しく述べておられます。現在では近藤先生の報告された内容の正しさが科学的に証明され、近藤先生が辿り着かれた「長寿の秘密」は、医学や栄養学が進歩した現在、改めてその評価が見直されています。この本が出雲中央図書館に保管してありましたので借用して見ましたが、とても素晴らしく感激しました。もちろん現在ではこの本は絶版となっています。古本でもと思い得意のアマゾン検索してみたら、「中古品の出品:2 ¥ 39,370より」でした。それでもあきらめきれなかったので、藁をも掴む思いでいろいろ探してみましたら、この本がひょっとしたら某所にあるのではないかと気づきました。問い合わせたところ、探してみてくれるということでした。後日メールがあり1983年12月15日13版発行(定価780円)が保管してあるので送ってくださるとのことでした。ヤマト運輸で送られてきましたので、届く日の朝に配達前にヤマト運輸出雲高岡センターまで取りにいきました(写真2)。
 priceless(プライスレス)という言葉があります。英和辞典で調べると、「値踏みのできない、きわめて貴重な。」などと記載されています。priceless ticket(写真3)なんて言うと分かりやすいと思います。ここに記載しましたささやかな日常生活はお金では買えないpricelessだと思います。pricelessな思いや体験は代謝と長寿に関係した遺伝子をいい方向に発現させてくれることが明らかとなっています。正しい食生活とともにpricelessな生活も大切だと思います。

1  2

写真1                             写真2

3

写真3

ルーブル美術館展

2018/7/25

保健管理センター長の一言【ルーブル美術館展】

 先日、国立新美術館で開催されている「ルーブル美術館展」に行きました(関連写真を4枚掲載しています)。東京で学会があり、学会開催日前日の夕方に東京に着きましたが、その日はルーブル美術館展が21時までやっていたので行ってみました。音声ガイドナビゲーターは人気俳優・高橋一生さんで、このことを高橋さんのファンである娘から聞いていたこともあり、行ってみたいと思っていました。ナポレオン肖像5点をはじめとするルーブル美術館所蔵の肖像110点が展示されていました。代表的な展示は写真3で提示しています。
 「アルコレ橋のボナパルト」(写真3中段向かって左、写真4)はこれから権力の頂点に立とうとする若き日のナポレオン・ボナパルトの勢いが伝わって来そうでした。27年ぶり来日の「美しきナーニ」(写真3下段向かって左)はナーニとは誰か?モデルは実在したのか?それとも理想の女性像なのか?などいろいろなことが未だに議論されている神秘的な作品です。今回の展示で私が一番気に入ったのはレンブラント作の「ヴィーナスとキューピッド」です(写真は掲載してないですが、HPには出ています)。この絵のヴィーナスは多くの芸術家たちが描いてきたヴィーナスと違い、半裸の美しい女神ではなく、衣服を着て日焼けした大きな手の掌をキューピッドの頬に触れています。キューピッドも羽は生えていますが、普通のキューピッドと服装が明らかに異なっています。この絵のモデルはレンブラントが晩年愛した内縁の妻ヘンドリッキエと娘コルネリアだとされています。自分の愛する家族を古代ローマ神話に登場する「ヴィーナスとキューピッド」になぞって描いたとされています。とても素晴らしいと感激しました。
 今回のルーブル美術館展のテーマは「肖像芸術 -人は人をどう表現してきたか」です。最後に展示されているアルチンボルド作の「四季」連作からの<<春>>(写真3下段向かって右)と<<秋>>を見るまでこのテーマの意味が分かりませんでした。この2点はその季節の旬の草花・野菜などで人間の横顔を描いています。横顔の肖像画は当時の権力者が好んで描かせた肖像画であると言われています。アンチンボルドは二代のウィーン皇帝に愛された画家です。民衆だけでなく神羅万象万物すべてを掌握する皇帝の権力をこの絵で表現したかったのではないでしょうか?本当に奥深く楽しむことのできる絵でした。
 現代ではデジカメやスマホで撮った人物写真をPhotoshopなどで意のままに加工できます。最近、スマホ上でも加工できる技を知りました。しかし、やはり初めに撮影した画像がよくなければ、いくら加工しても撮ったときの写真に込めた思いを上手く表現することはできないと感じています。それだけ、撮影するときの条件設定は難しいものです。肖像芸術には作品を依頼する人・モデル・製作者の思いが巧みにそして重厚に込められているから、素晴らしい作品として後世に伝わっていくのだと思いました。このような素晴らしさ・美しさに感動して、その記憶がしっかりと残ると幸福な感じになるとされています。私は日頃から身の周りで起こることに「素晴らしい・美しい」と言うことにしています。
 今回の「ルーブル美術館展」は秋からは大阪で開催されますので、妻は大阪に行くようです。また、現在、先日まで東京で開催されていた「プーチキン美術展」が大阪で開催されています。さらに秋には現存するフェルメール絵画35点中8点が東京に来るようです。
 先日、写真3をFacebookに掲載したら、友達から「先生、ルーブルの人々に馴染んでいますね。」とのコメントをいただきました。写真4の実物がご覧になりたい方は研究室までお越し下さい。
 
ルーブル美術観点のHPです。http://www.ntv.co.jp/louvre2018/

zu1   zu2

写真1                            写真2

      zu3        shashin4

写真3                           写真4

          

「安易な薬物投与への疑問」

2018/6/7

  保健管理センター長の一言【安易な薬物投与への疑問】

 3年前の夏に日本ファンクショナルダイエット協会認定のケトジェニックダイエットアドバイザーの資格を得てから、食と健康の関連について真剣に取り組むようになりました。その一つの取り組みとして、本学の学生に協力してもらい食生活と月経困難症との関連について検討を行いました。その結果、月経困難症の程度とカルシウム及びビタミンA・K・C、葉酸摂取量との間に有意な負相関、さらに、緑黄色野菜及び海草類、豆類、果実類、種実類摂取量と有意な負相関を認めました。緑黄色野菜や海草類、豆類、果実類、種実類等に含まれる抗酸化ビタミンやフィトケミカルが子宮内膜における活性酸素産生を抑制し、その結果、子宮内膜からの子宮筋収縮作用を有するプロスタグランディン(prostaglandin; PG)の過剰分泌を抑えることにより、月経困難症の症状を緩和する可能性を指摘しました1)。
 その一方、エキストラバージンオリーブオイル(extra virgin olive oil; EVOO)は以前より、抗酸化作用、抗炎症作用を有するフェノール類を多く含んでいて、肥満、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、高血圧、アルツハイマー病、ガンなどの様々な生活習慣病予防・改善に有効であると報告されています2-4)。とくにEVOOの含有するフェノール類の一つであるオレオカンターレは炎症性酵素であるcyclooxygenase-2(COX-2)を抑制して、用量依存性に非ステロイド系消炎鎮痛剤作用を有していることが証明されています2)。さらにCOX-2はアラキドン酸から子宮収縮作用のあるPGを合成する酵素であり、月経困難症と子宮内膜におけるCOX-2発現との相関が指摘されています5,6)。
 このような現状を考慮して、野菜・EVOO摂取を基本とする食生活改善が月経困難症軽減に効果を現すか否かついて前方視的な調査を行い、月経困難症に悩む女子大生のQOL改善に如何に影響するかについて検討してみました。実際には、月経困難症の程度をスコア化して、ある一定のスコア以上を示した学生10人に緑黄色野菜・淡黄色野菜(キャベツ、トマト、ピーマン、カボチャ、ブロッコリー、ほうれん草、人参など)350g以上/day、EVOO(BOSCOエキストラバージンオリーブオイル(日清オイリオ))30ml(大さじ2杯)以上/dayを月経開始日から摂取しもらい、その後、その後3周期の月経時での月経困難症の程度を調査しました。その結果介入前に比較して、介入後1周期、2周期、3周期、どの周期でも月経困難症の程度が有意に低下しました。若年女性においては、食生活改善が鎮痛剤/低用量ピル投与とともに月経困難症対策の一つのオプションになり得るのではないかと考えています7)。
 なんでこんなことを思うようになったかといいますと、月経困難症に対して処方される鎮痛剤/低用量ピル投与に様々な副作用が報告されるようになったからです。以前から、悪心、嘔吐、食欲不振などの胃腸障害、腎・肝機能障害などが指摘されていましたが、最近、腸管透過性亢進が報告されるようになってきました。腸管透過性亢進は腸管壁浸漏症候群(leaky gut syndrome; LGS)と言われていて、慢性疲労症候群、リュウマチ、自己免疫疾患、炎症性腸疾患、セリアック病、パーキンソン病、多発性硬化症、喘息などの様々な疾患発症との関連が示されています8,9)。もちろん、子宮筋腫、子宮内膜症などの器質的疾患のため月経困難症を呈している方には投薬を含めたそれなりの対処は必要ですが、器質的疾患のない単なる月経困難症(機能的月経困難症)の若年女性に対して、安易な薬剤療法は慎重にすべきではないかとではないかと感じていて、まず、食生活改善を行ってはどうかと思っています。
 以前、抗生物質の乱用が耐性菌の出現、菌交代減少などの問題を提起し、最近では、抗生物質の安易な投与、長期投与を控える傾向にあります。特に小児科の先生方は抗生物質投与に対してはとても慎重になっておられます。かつて抗生物質販売がメインであった製薬メーカーのほとんどは、現在、糖尿病、高血圧、脂質代謝異常に対する薬剤販売に重きを置くようになっています。しかしながら、現在では、糖尿病に対してのインスリン分泌を促進する薬剤投与・インスリン投与、高血圧に対する安易な降圧剤療法などを疑問視する現象が認められてきています。糖尿病、高血圧に対しても安易な薬物療法ではなく、食生活改善がまず第一選択であると言っても過言ではないと思います。「薬に頼らず血圧を下げる方法」(加藤雅俊著)、「薬に頼らず血糖値を下げる方法」(水野雅登著)のような書籍も出版されています。最近では、糖尿病に対する高インスリン療法が糖尿病合併症の原因ではないかとも考えられています10)。薬は短期的に副作用がなかったら安全と解釈したらいけないと思います。10年、20年その薬が使い続けられ、投与症例が増えてから予想もしなかった副作用が報告されることはときにあります。ビタミン、抗生物質とともに医学界の20世紀大発明といわれた万能薬ステロイドホルモンも「非常に効果が高いが、副作用もまた強く、恐ろしい」と言われるようになって久しいです。
 本当にこれからは、食生活を中心とした生活習慣が万病を予防することを真剣に考える必要があると思っています。野菜、オリーブオイル、ココナッツオイル、良質の塩など自然からの最高の恵みを食生活に上手く組み入れることが重要ではないでしょうか?
 こんな思いも込めて、先日、サテライトキャンパス公開講座で「ココナッツオイルで生活習慣病を予防しましょう!」と題して講演しました。

 1    2

3   4

5    6

1) 秦 幸吉、野津朱里、川谷真由美、他. 女子大生における食生活と月経困難症との関連に関する検討. 臨床婦人科産科 70: 1079-1083, 2016
2) Parkinson L, Cicerale S. The health benefiting mechanisms of virgin olive oil phenolic compounds. Molecules 21: 1734; doi:10.3390/molecules21121734, 2016
3) Casamenti F, Stefani M. Olive polyphenols: new promising agents to combat aging-associated neurodegeneration. Expert Rev Neurother 17: 345-358, 2017
4) Fabiani R. Anti-cancer properties of olive oil secoiridoid phenols: a systematic review of in vivo studies. Food Funct 12: 4145-4159, 2016
5) Yang Lu, Cao Z, Yu B, et al. An in vivo mouse model of primary dysmenorrhea. Exp Anim 64: 295-303, 2015
6) Maia Jr H, Haddad C, Casoy J. Correlation between aromatase expression in the eutopic endometrium of symptomatic patients and the presence of endometriosis. Int J Womens Health 4: 61-65, 2012
7) 秦 幸吉. 食生活改善が月経困難症に及ぼす影響. 島根医学 37: 175-180, 2017
8)  Odenwald MA and Turner JR. Intestinal permeability defects: is it time to treat? Clin Gastroenterol Hepatol 11: 1075-1083, 2013
9) Fasano A. Zonulin and its regulation of intestinal barrier function: the biological door to inflammation, autoimmunity, and cancer. Physiol Rev 91: 151-175, 2011
10)  新井圭輔著 (2016年) 「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのをやめなさい」(幻冬舎)

保健管理センター

前月2018/11次月
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301

新着ページ一覧