出雲キャンパスホーム > キャンパス情報 > 保健管理センター > 保健管理センター長のひとこと

保健管理センター長のひとこと

「安易な薬物投与への疑問」

2018/6/7

  保健管理センター長の一言【安易な薬物投与への疑問】

 3年前の夏に日本ファンクショナルダイエット協会認定のケトジェニックダイエットアドバイザーの資格を得てから、食と健康の関連について真剣に取り組むようになりました。その一つの取り組みとして、本学の学生に協力してもらい食生活と月経困難症との関連について検討を行いました。その結果、月経困難症の程度とカルシウム及びビタミンA・K・C、葉酸摂取量との間に有意な負相関、さらに、緑黄色野菜及び海草類、豆類、果実類、種実類摂取量と有意な負相関を認めました。緑黄色野菜や海草類、豆類、果実類、種実類等に含まれる抗酸化ビタミンやフィトケミカルが子宮内膜における活性酸素産生を抑制し、その結果、子宮内膜からの子宮筋収縮作用を有するプロスタグランディン(prostaglandin; PG)の過剰分泌を抑えることにより、月経困難症の症状を緩和する可能性を指摘しました1)。
 その一方、エキストラバージンオリーブオイル(extra virgin olive oil; EVOO)は以前より、抗酸化作用、抗炎症作用を有するフェノール類を多く含んでいて、肥満、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、高血圧、アルツハイマー病、ガンなどの様々な生活習慣病予防・改善に有効であると報告されています2-4)。とくにEVOOの含有するフェノール類の一つであるオレオカンターレは炎症性酵素であるcyclooxygenase-2(COX-2)を抑制して、用量依存性に非ステロイド系消炎鎮痛剤作用を有していることが証明されています2)。さらにCOX-2はアラキドン酸から子宮収縮作用のあるPGを合成する酵素であり、月経困難症と子宮内膜におけるCOX-2発現との相関が指摘されています5,6)。
 このような現状を考慮して、野菜・EVOO摂取を基本とする食生活改善が月経困難症軽減に効果を現すか否かついて前方視的な調査を行い、月経困難症に悩む女子大生のQOL改善に如何に影響するかについて検討してみました。実際には、月経困難症の程度をスコア化して、ある一定のスコア以上を示した学生10人に緑黄色野菜・淡黄色野菜(キャベツ、トマト、ピーマン、カボチャ、ブロッコリー、ほうれん草、人参など)350g以上/day、EVOO(BOSCOエキストラバージンオリーブオイル(日清オイリオ))30ml(大さじ2杯)以上/dayを月経開始日から摂取しもらい、その後、その後3周期の月経時での月経困難症の程度を調査しました。その結果介入前に比較して、介入後1周期、2周期、3周期、どの周期でも月経困難症の程度が有意に低下しました。若年女性においては、食生活改善が鎮痛剤/低用量ピル投与とともに月経困難症対策の一つのオプションになり得るのではないかと考えています7)。
 なんでこんなことを思うようになったかといいますと、月経困難症に対して処方される鎮痛剤/低用量ピル投与に様々な副作用が報告されるようになったからです。以前から、悪心、嘔吐、食欲不振などの胃腸障害、腎・肝機能障害などが指摘されていましたが、最近、腸管透過性亢進が報告されるようになってきました。腸管透過性亢進は腸管壁浸漏症候群(leaky gut syndrome; LGS)と言われていて、慢性疲労症候群、リュウマチ、自己免疫疾患、炎症性腸疾患、セリアック病、パーキンソン病、多発性硬化症、喘息などの様々な疾患発症との関連が示されています8,9)。もちろん、子宮筋腫、子宮内膜症などの器質的疾患のため月経困難症を呈している方には投薬を含めたそれなりの対処は必要ですが、器質的疾患のない単なる月経困難症(機能的月経困難症)の若年女性に対して、安易な薬剤療法は慎重にすべきではないかとではないかと感じていて、まず、食生活改善を行ってはどうかと思っています。
 以前、抗生物質の乱用が耐性菌の出現、菌交代減少などの問題を提起し、最近では、抗生物質の安易な投与、長期投与を控える傾向にあります。特に小児科の先生方は抗生物質投与に対してはとても慎重になっておられます。かつて抗生物質販売がメインであった製薬メーカーのほとんどは、現在、糖尿病、高血圧、脂質代謝異常に対する薬剤販売に重きを置くようになっています。しかしながら、現在では、糖尿病に対してのインスリン分泌を促進する薬剤投与・インスリン投与、高血圧に対する安易な降圧剤療法などを疑問視する現象が認められてきています。糖尿病、高血圧に対しても安易な薬物療法ではなく、食生活改善がまず第一選択であると言っても過言ではないと思います。「薬に頼らず血圧を下げる方法」(加藤雅俊著)、「薬に頼らず血糖値を下げる方法」(水野雅登著)のような書籍も出版されています。最近では、糖尿病に対する高インスリン療法が糖尿病合併症の原因ではないかとも考えられています10)。薬は短期的に副作用がなかったら安全と解釈したらいけないと思います。10年、20年その薬が使い続けられ、投与症例が増えてから予想もしなかった副作用が報告されることはときにあります。ビタミン、抗生物質とともに医学界の20世紀大発明といわれた万能薬ステロイドホルモンも「非常に効果が高いが、副作用もまた強く、恐ろしい」と言われるようになって久しいです。
 本当にこれからは、食生活を中心とした生活習慣が万病を予防することを真剣に考える必要があると思っています。野菜、オリーブオイル、ココナッツオイル、良質の塩など自然からの最高の恵みを食生活に上手く組み入れることが重要ではないでしょうか?
 こんな思いも込めて、先日、サテライトキャンパス公開講座で「ココナッツオイルで生活習慣病を予防しましょう!」と題して講演しました。

 1    2

3   4

5    6

1) 秦 幸吉、野津朱里、川谷真由美、他. 女子大生における食生活と月経困難症との関連に関する検討. 臨床婦人科産科 70: 1079-1083, 2016
2) Parkinson L, Cicerale S. The health benefiting mechanisms of virgin olive oil phenolic compounds. Molecules 21: 1734; doi:10.3390/molecules21121734, 2016
3) Casamenti F, Stefani M. Olive polyphenols: new promising agents to combat aging-associated neurodegeneration. Expert Rev Neurother 17: 345-358, 2017
4) Fabiani R. Anti-cancer properties of olive oil secoiridoid phenols: a systematic review of in vivo studies. Food Funct 12: 4145-4159, 2016
5) Yang Lu, Cao Z, Yu B, et al. An in vivo mouse model of primary dysmenorrhea. Exp Anim 64: 295-303, 2015
6) Maia Jr H, Haddad C, Casoy J. Correlation between aromatase expression in the eutopic endometrium of symptomatic patients and the presence of endometriosis. Int J Womens Health 4: 61-65, 2012
7) 秦 幸吉. 食生活改善が月経困難症に及ぼす影響. 島根医学 37: 175-180, 2017
8)  Odenwald MA and Turner JR. Intestinal permeability defects: is it time to treat? Clin Gastroenterol Hepatol 11: 1075-1083, 2013
9) Fasano A. Zonulin and its regulation of intestinal barrier function: the biological door to inflammation, autoimmunity, and cancer. Physiol Rev 91: 151-175, 2011
10)  新井圭輔著 (2016年) 「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのをやめなさい」(幻冬舎)

ワクワクするちょっとハイテンションな気持ち

2018/3/16

保健管理センター長の一言【ワクワクするちょっとハイテンションな気持ち】

  「千葉ジェッツふなばし」。千葉県船橋市をホームタウンとするプロバスケットボールチームであり、今年1月には天皇杯二連覇を達成した強豪です。野球の「阪神タイガース」、サッカーの「浦和レッズ」、バスケットボールの「千葉ジェッツふなばし」と言われるほどの熱い熱い人気球団です。私は以前から、この球団の独特な方針・理念に興味を持っていました。目標は「優勝することではなく(もちろん、できればそれに越したことはないが)、千葉ジェッツを取り巻くすべての人たちと共にハッピーになる」ことだと代表取締役社長・島田慎二氏は言っています(以下千葉ジェッツとします)。3年前に、元島根スサノオマジックヘッドコーチであったジェリコ・パブリセビッチ氏がヘッドコーチに就任され(現在は大野篤史ヘッドコーチ)、昨シーズンから以前島根スサノオマジック在籍していたマイケル・パーカー選手が加入したこともあって、私は現在千葉ジェッツのブースタークラブに入会しています。
 先日、千葉ジェッツが米子市と安来市で島根スサノオマジックと対戦しました。千葉ジェッツベンチになるべく近いゴール下の席を確保して観戦しました。千葉ジェッツの特徴は、近代バスケットを象徴するようなタイトなディフェンスから速攻で相手を崩すトランジションオフェンスです。そのため、観ていてとても楽しいバスケットです。先日の天皇杯決勝では、戦前は対戦相手の「シーホース三河」有利と言われていましたが、自慢のトランジションオフェンスが爆発して、第3Qで一気に勝負をつけました。島根スサノオマジックとの2試合でも、初めから千葉ジェッツの選手はよく走り、トランジションオフェンスを発揮して島根スサノオマジックにつけ入る隙を与えませんでした。さらに富樫勇樹選手を初めとするタレント揃いの選手たちのプレーに魅せられました。今回はマイケル・パーカー選手の凱旋試合という意味もあり、私だけでなくパーカー選手のファンにとっては待ち遠しく、楽しみな試合でした。パーカー選手はバスケットIQの高い選手であることはバスケットボールファンなら誰でも知っていますが、試合中はよく走り、様々な局面で活躍して、千葉ジェッツの二連勝に貢献しました。二試合目は試合後にヒーローインタビューを受けていました。今回はパーカー選手の応援Tシャツにサインをしてもらおうと思っていましたが、試合前の練習時にしてもらうことができてうれしかったです。私はパーカー選手がbjリーグのライジング福岡在籍のときからのファンで、会場で会うとお互いに「Hello!」と声を掛け合っています。
 NK細胞という自然免疫の中枢を担うリンパ球があります。この細胞は体の中をパトロールするおまわりさんみたいな存在で、パトロール中に悪さをするウイルスや細菌、さらにがん細胞を見つけるとやっつけてくれます。簡単に言うとNK細胞の働きが悪いと、ウイルス・細菌に感染しやすくなったり、がんに罹りやすくなります。最近では、がん患者さんから採血した血液を専用の遠心分離機にかけ、遠心分離したNK細胞を含むリンパ球にサイトカインなどの薬剤で強力な刺激を加え、培養活性化したNK細胞を点滴で患者さんの体内に戻す療法も注目されています。したがって、NK細胞の活性を日ごろから高めるようにすることはとても大切です。NK細胞は大声を出して笑うと活性が高まる(愛想笑いでもいい)ことが科学的に証明されています。また、自分の好きなことや楽しいことに出会うとき、小学校の遠足の前日におやつを買いに行くときのような気持ちになったり、大好きなアーティストのコンサートに出かける前の気分などちょっとハイテンションなときにNK細胞の活性は亢進します。こんな気持ちを日常的に持ち続けることができれば、精神的な健康を保つことができるのではないかと思います。
 今シーズン、千葉ジェッツが天皇杯に続き、Bリーグ制覇の二冠を達成してくれることを願いっています。それより、このチームを応援する(試合のリアルタイム配信や見逃し配信で観戦して)ことで楽しみ、ワクワクした気持ちになることで元気をもらい、健康を維持できるのではないかと考えています。ゴールデンウイーク明けから始まるクォーターファイナル、セミファイナル、ファイナルに向けてこれからより一層白熱した戦いが続きます。NK細胞の活性もさらに高まることと思います。

1  2

写真1               写真2

3  4

写真3               写真4

5 6

写真5                    写真6

写真1. マイケル・パーカー選手と撮影。
写真2. ギャビン・エドワード選手、マイケル・パーカー選手と撮影。
写真3. 富樫勇樹選手と撮影。
写真4, 5. レイアップシュートをするマイケル・パーカー選手
写真6. 試合後のヒーローインタビュー。

 

春節

2018/2/20

保健管理センター長の一言【春節】

 今年の山陰の冬は年末から年始にかけてとても寒く感じられていましたが、2月初旬に久々の豪雪となり本当に厳しい冬でした。しかしながら、春節の訪れとともに次第に春の気配を感じるようになってきました。
 最近、野菜・エキストラバージンオリーブオイル(extra virgin olive oil; EVOO)摂取を基本とする食生活改善が若い女性の月経困難症軽減に効果であるということを報告しました1)。私は以前から有効であるとはされていますが、若い女性の月経困難症に対して安易に低用量エストロゲン・プロゲステロン配合薬(low dose estrogen progestin: LEP)を投与することは慎重にすべきではないかと思っていました。何故なら、LEP投与と潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患との関連、さらに腸管透過性亢進・腸管壁浸漏症候群(leaky gut syndrome; LGS)との関連までも指摘されているからです2)。LGSは慢性疲労症候群、リュウマチ、自己免疫疾患、炎症性腸疾患、セリアック病、パーキンソン病、多発性硬化症、喘息など様々な疾患発症に影響を及ぼすと考えられています3,4)。したがって、若い女性の月経困難症対策については、投薬前に食生活改善が優先されるべきであると言いたかったのです。
 話は変わりますが、以前のがん治療は手術療法、抗がん剤療法、放射線療法がメインでした。しかしながら、最近では、分子標的療法、免疫療法など新しい治療法が開発されていますが、その一方で重篤な副作用も報告されています。分子標的療法、免疫療法などがpromisingとは言っても、ヒトの正常なシグナル伝達系や免疫系を操作することですから、予期せぬ副作用が生じても不思議ではないです。とくにエレッサ発売時のような悲劇は二度と繰り返してはいけないと思っています。やはり、がんだけでなく、高血圧、動脈硬化、糖尿病、認知症、うつ病などの生活習慣病は日ごろからの予防が大切であることには変わりはないです。病気になってから長期に投薬を受けると必ず副作用が生じてきます。
 現在は、白米、パン、麺類、砂糖が入った甘いお菓子、小麦粉を使ったお菓子など人間の遺伝子が対応しきれない精製穀物が氾濫しています。そんな食物を摂取することによって生ずる高血糖、インスリン過剰分泌による活性酸素発生による体の酸化、糖化が免疫系、神経系、内分泌系のバランスを乱し、生活習慣病を発症するのではないかと思います。「糖質を大量にとる現在の食事スタイルは、糖質およびインスリン値の定期的な上昇をもたらす。これは、糖尿病・冠状動脈疾患・がん・老化などを引き起こし、多くの点で健康に有害であることが強く指摘されている。」とヒューマン・ニュートリションという栄養学の専門誌には書かれています。
 私は2017年5月よりケトジェニックダイエットという糖質摂取を控え、タンパク質、オリーブオイル・ココナッツオイル・オメガ3脂肪酸などの良質の油、野菜をしっかり摂ることを基本とした食事をしています。ケトジェニックダイエットを行って感じるようになったことは、1)疲れにくい、2) 何とも言えない心地よさ、3) 食の大切さ・楽しさ・素晴らしさの実感などです。おそらく、血糖値の安定、インスリン分泌の少なさなどが代謝を安定させ体に負担をかけないからだと思っています。自分の体に合った理想的なケトジェニックダイエットを模索しながら、春節という文字通りの新春の季節に、生活習慣病予防の重要なピースの一つがケトジェニックダイエットではないかとあらためて思っています。もちろん、”Undoubtedly the best is yet to come”ですが。  

 最近撮った写真を添付します。

yuki shokudou

yukidaruma        kumo 

参考文献
1)  秦 幸吉. 食生活改善が月経困難症に及ぼす影響. 島根医学 2017; 37: 175-180.
2)  Cornish JA et al. The risk of oral contraceptives in the etiology of inflammatory bowel disease: a meta-analysis. Am J Gastroenterol 103: 2394-2400, 2008.
3)  Odenwald MA and Turner JR. Intestinal permeability defects: is it time to treat? Clin Gastroenterol Hepatol 11: 1075-1083, 2013.
4)  Fasano A. Zonulin and its regulation of intestinal barrier function: the biological door to inflammation, autoimmunity, and cancer. Physiol Rev 91: 151-175, 2011.

運慶展

2017/12/12

保健管理センター長の一言【運慶展】

 先日、東京国立博物館で開催されていた興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」に行きました(図1)。運慶作あるいはその可能性が高いと考えられている作品は31体とされていて、そのうちの21体が結集していました(図2)。さらに、運慶の父・康慶や息子、弟子たちの作品も展示されていました。
 運慶は「玉眼の達人」と言われました。玉眼とは、水晶をレンズのように薄く削り、瞳や血管を色づけて、仏像の顔の内側からはめ込む手法です。目が輝きを得て、まさに生きているかのような印象を与えることができます。運慶の最高傑作と言われている興福寺北円堂・「無著・世親菩薩立像」(図2b下段。右が無著、左が世親)、さらに代表作である金剛峯寺・「八大童子立像」(図2b中段)、願成就院・「毘沙門天立像」(図2a下段左)にも玉眼が使われています。運慶の活躍した時代は、平安時代末期から鎌倉時代初期で、貴族中心の時代から武士が台頭する時代に変わった頃です。この頃は激しい天候不順がつづき、平均寿命は24歳にまで落ち込んだとされています。また、農作物がほとんどとれず、人の肉を食べたり、親が子どもを川に捨てたりすることもあったようです。おそらく、平安時代と違い極楽浄土を夢見て暮らすような余裕もなくなってきたのではないかと思われます。そんな背景の中、玉眼を使って、まるで生きていて今にも動き出し語りかけてくるかのような仏像を作りました。運慶は、仏はいつも人々が無病息災で暮らせるように傍で見守ってくれていると、参拝する人々に安らぎを伝えるような仏像を作りたかったのではないかと思われます。
 運慶はときには玉眼を使わない手法で仏像をつくっています。今回の運慶展に展示されていた興福寺南円堂・「四天王立像」(作者不明。運慶作の可能性が高いとされています。)には玉眼は使われてないです。その訳はいろいろ言われていますが、私にはわかりません。運慶最晩年の作とされている称名寺光明院・大威徳明王坐像には得意の玉眼が使われていて、小ぶりながらみごとに慶派作品の特徴をたたえているかのようです。800年の時空を超えても、鋭い眼差しをして私たちを見守ってくれているような感じがします。運慶とは、祈りの美を変えた稀代の仏師だったような気がしました。

図1 会場入口の看板
図2 オリジナルグッズのクリアファイル。図2a、2bの合計22体が今回展示されました。図2cは金剛峯寺・「八大童子立像」の一つの制多迦童子です。私はこの仏像が一番気に入っています。
図3 運慶学園の学生証
図4 運慶学園の卒業証書

innkei1 unnkei 2

図1                    図2a

unnkei3       unnkei4

図2b                                                      図2c

unnkei5  unnkei5

図3                      図4

「ケトジェニックダイエットへの追い風」

2017/10/16

保健管理センター長の一言【ケトジェニックダイエットへの追い風】

 18カ国の中高年の人々(35~70歳)を長期にわたり(中央値7.4年)追跡し、炭水化物や脂質の摂取量と、総死亡、心血管イベント、心血管死亡などとの関係を調べた結果がLancet誌電子版(2017年8月29日)に報告されました1)。結果を簡単にまとめると以下のようになります。①炭水化物摂取量と全死亡リスク上昇は相関していた。②総脂肪および脂肪の種類別摂取は全死亡リスク低下と相関していた。③総脂肪および脂肪の種類は心血管疾患、心筋梗塞、または心血管疾患の死亡率には関連していない。④飽和脂肪酸は脳卒中と反比例の関連性を有している。現行の世界的ガイドラインは、総エネルギー量に占める脂質由来のエネルギーを30%未満にし、飽和脂肪酸を不飽和脂肪酸に置き換えて、飽和脂肪酸由来のエネルギーを10%未満にすることを推奨していますが、今回の結果を踏まえてこのガイドラインを再考すべきであると筆者らは結論づけています。また、この結果は日本糖尿病学会が推薦し続けている「炭水化物摂取量は必ず60%摂取し、脂質摂取量を減らしてカロリー制限すべきである」という食事指導に真っ向から反対するものです。私の推奨しているケトジェニックダイエットには、明らかに追い風です。
 そんな中、9月28日に「長友佑都の食事革命」という書籍が出版されました。長友選手は2015年のシーズン、深刻なケガに立て続けに見舞われ、思うようなパフォーマンスを発揮することができなくなりました。このまま何もしなければ、選手生命が終わってしまうかもしれないと危機感を覚えた彼は、自分自身に「佑都、そろそろ革命を起こさないか?」と声をかけました。そこで2016年の春から彼は、それまでとは全く別の食事スタイルにスイッチして「食事革命」を始めました。基本は白い砂糖を断つ(糖質制限)、タンパク質補給術を考える、油について考える、野菜の摂取量を工夫するなどです。ケトジェニックダイエットとよく似ているのには驚きました。2016年7月1日より長友選手の専属シェフは、2010年~2016年まで神奈川県横浜市のイタリア料理店「cucinapinocchio」のシェフであった加藤超也シェフです。加藤さんもケトジェニックダイエットアドバイザーです。
 この本の冒頭に「食べるという営みは、自分が掲げる目標や夢を実現する手助けをしてくれると今では思っている。目標を達成する。夢を叶える。幸せを掴む。最終的にはそういうことに繋がっていくのだと。この本を手にしてくださったみなさまにも、いい食事で幸せになってほしい、と切に願ってやまない。」と書いてあります。食の大切さ・素晴らしさが分かった人でないと言えない言葉です。食を大切にして、健康でありたいと祈り、健康であることに感謝することは大切だと思います。健康であるから、やりたいことができ楽しく暮らせます。私は食事次第で、ほとんどの生活習慣病はかなり予防できると思っています。「長友佑都の食事革命」は生活習慣病予防の参考になると思います。

2017年10月16日

nagasako  

参考文献
1) Dehghan M, et al. Associations of fats and carbohydrate intake with cardiovascular disease and mortality in 18 countries from five continents (PURE): a prospective cohort study. Lancet. 2017 Aug 28. pii: S0140-6736(17)32252-3. doi: 10.1016/S0140-6736(17)32252-3.

保健管理センター

前月2018/6次月
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

新着ページ一覧