出雲キャンパスホーム > キャンパス情報 > 保健管理センター > 保健管理センター長のひとこと

保健管理センター長のひとこと

フェルメール展at大阪市立美術館

2019/3/1

  保健管理センター長の一言「フェルメール展 at 大阪市立美術館」

 大阪市立美術館で開催されている「フェルメール展」に行きました。昨年、上野の森美術館での「フェルメール展」にも行きましたが、大阪では東京で観られなかった2点が展示されていますし、東京で展示されていたうちの4点がもう一度観られるので行きました。また、東京展同様にオランダのフェルメール同時代の絵画も展示されていました。
 寡作で知られるフェルメール作品は、真贋論争が残る作品を含めても37点しか現存してないです。今回、来日した10点を時代順に紹介します(写真1~10. 1,2,5,7,9,10は大阪展で展示)。フェルメール作品の第一番目と推定される宗教画「マルタとマリアの家のキリスト」、それまで宗教画、物語画に取り組んでいたフェルメールがはじめて描いた風俗画「取り持ち女」、“北の聖母”と言われている代表作の一つである「牛乳を注ぐ女」、男と女の恋の駆け引きの様子を描いたとされる(私にはそうとは思えませんが)「ワイングラス」、オランダの大航海時代・海洋通称国家オランダを象徴するような「リュートを調弦する女」・「真珠の首飾りの女」・「手紙を書く女」、画面の右から光が入る数少ない作品の一つである「赤い帽子の娘」、フェルメール作品の中で最もサスペンス的だと言われている「恋文」、そしてまさに“光の魔術師”としての最盛期に描かれた「手紙を書く婦人と召使い」です。とくに「手紙を書く婦人と召使い」はまじかで観てもいいですが、離れて観ると光の当たり方がとてもリアルで、部屋の中で実際に起こっているありふれた日常生活を垣間見ているような感じでした。今回来日した作品はフェルメールが駆け抜けた約20年間の初期から晩年までの変遷が分かるように選んであり、感心しました。
 今回展示されているオランダのフェルメール同時代の絵画もゆっくり鑑賞しました。もちろんどれもとても素晴らしい作品ばかりだと思います。ある評論家の先生が、「17世紀のオランダ絵画はフェルメール作品だけが特筆に値するものではない。」と見解を述べておられました。僭越ですが、私は「フェルメールは様々な様式を駆使して光の魔術による表現を追求した17世紀オランダ絵画黄金期において最も傑出した画家」ではないかと思います。芸術作品に関して寓話や風刺、教訓など様々な「意味」が付け加えられています。そんなことは後世の人たちが勝手に言ったことであり、芸術作品の鑑賞は謎解きではないはずです。寓話や風刺、教訓などを知れば、作品を理解する助けにはなります。しかし、あくまでも時間をかけてゆっくり描かれている絵と対峙して、楽しむだけでいいのではないかと今回も思いました。もちろん、石原さとみさんがナビゲートする音声ガイドは何度も聞きましたが。
 フェルメールが手がけた風景画は2点しかないとされています。その一つはフェルメールが育ったデルフトの街並みを描いた「小路」で、すでに来日したことがあるようです。もう一つは私が一番観たいフェルメール作品の「デルフトの眺望」です。これは未だ来日していないです。もし、日本公開となれば大騒動になると予想されます。「デルフトの眺望」は鳴門市の大塚国際美術館に展示されていますので、機会があれば行きたいと思っています。「マルタとマリアの家のキリスト」の次に描かれたとされる「聖プラクセディス」は、フェルメール唯一の模写で真偽のほどは定かではないです。最近知ったことですが、驚くことに2015年3月より上野の国立西洋美術館にヨハネス・フェルメール(に帰属)として所蔵されているようです。常設展示ではないですが、たまに展示されているようです。
 大阪は日帰りでも行けますので、時間のあるかたはだまされたと思って行ってみて下さい。鑑賞したあとの爽やかな気分は何とも言えないです。エピジェネティクスにより代謝と長寿に関係した遺伝子がいい方向に発現しているような感じです。F先生、I先生、N先生は東京展に行かれたようです。

1 2 3

写真1                 写真2                 写真3

                   4  写真4  

 5 6 7

 写真5                 写真6                     写真7

 8  9  10

 写真8                  写真9                 写真10

11     12

写真11                              写真12 

13    14

写真13                             写真14

写真1 「マルタとマリアの家のキリスト」
写真2 「取り持ち女」
写真3 「牛乳を注ぐ女」
写真4 「ウイングラス」
写真5 「リュートを調弦する女」
写真6 「真珠の首飾りの女」
写真7 「手紙を書く女」
写真8 「赤い帽子の女」
写真9 「恋文」
写真10 「手紙を書く婦人と召使い」
写真11~14 フェルメール展の点描

ケトジェニックダイエットアドバイザー

2019/2/13

保健管理センター長の一言【ケトジェニックダイエットアドバイザー】

 先日、当大学の藤田小矢香准教授と井上千晶准教授が日本ファンクショナルダイエット協会(Japan Functional Diet Association)認定のケトジェニックダイエットアドバイザーの資格を取得しました。ケトジェニックダイエットアドバイザー仲間が身近で誕生したのはとても喜ばしいことです。二人ともさらにシニアアドバイザーを目指されることを期待します。認定番号は藤田先生が341、井上先生が344です。私は2015年7月に取得して認定番号が78ですので、3年半でアドバイザーが5倍近く増えていますから、ケトジェニックダイエットが広まってきていると実感しています。実際、私がケトジェニックダイエットアドバイザー養成講座(ケト検)を受講した2015年5月のころは、ケト検や同日に開催されるシニアアドバイザー養成講座後の懇親会はナグモクリニック東京院(いつものケト検会場)1階にあるレストランでこぢんまり行われていました。しかし、その後受講者の増加により懇親会はナグモクリニック東京院6階の講義会場で行われるようになりました。
 ダイエットとは世間では「痩身法」と捉えられていますが、「健康や美容を維持するための食事法・治療法」と理解するのが正しいと思われます。JFDAの提唱するケトジェニックダイエットは白澤卓二理事長・斎藤糧三副理事長によって考案されたもので、安全で健康効果が高いオリジナルな食事法です。糖質制限が基本ですが、JFDAのオリジナルルールでは、「糖質量が100gあたり10g未満の食品・食材は「低糖質食品」とみなし、1食分の糖質にカウントしなくてもよい。」とされていますので、意外にゆるやかな糖質制限で、安全性が高いです。1日に摂るべきタンパク質、食物繊維、ミネラル、オメガ3脂肪酸の量は大まかに決っていますが、カロリー制限がないためとても続けやすいです(だだし、腹八分目と感じるまでです)。ケトジェニックダイエット実践効果はルックスの変化、健康の実感、不調や病気の改善、動脈硬化の予防・改善、認知症の予防・改善、がんの再発予防など様々な報告がなされています。生活習慣病を患っている方、正しいダイエット意欲がある方、健康になるための最新の栄養学を学びたい方、認知症の家族がいて悩んでいる方、妊活中の方などにはおすすめであるとされています。
 私は当たり前ですが、医療従事者はまず自分自身が心身ともに健康であることが大切だと感じていて、講演などするときには強調しています。さらに孫が結婚して子供が生まれるまではボケないで健康でいたいと思っていて、辿り着いたのがケトジェニックダイエットでした。私の食事法の原則は1) 白米、パン、うどん、パスタ、ジャガイモの白物5品は摂らない。玄米、全粒粉パン、そばも摂らない。食品100g中に含まれる糖質含量が10g以下の食品を摂る(ただし、ニンジンとカボチャは少量を摂る)。2) カロリー制限はしない。食後に空腹感を感じない程度の量を摂取。3) オリーブオイル大匙1杯以上、ココナッツオイル大匙2杯以上を1日に摂取。4) 飲酒は夕食時に糖質0ビール(アサヒ クリアアサヒ 贅沢ZERO)350ml、辛口赤ワイン125~250mlまで。これを励行すれば、ケトジェニックダイエットあるいはセミケトジェニックダイエットを続けることができます。今後、増加するとされている糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞・脳出血、認知症、うつ、がんなどの生活習慣病に罹患してから治療するのではなく、予防して心身ともに健康で楽しく暮らしたいと誰もが願っていると思います。ケトジェニックダイエットはそんな願いを叶える理想的な切り札だと考えています。興味のある方は私に相談するか、「日本ファンクショナルダイエット協会」と検索してみて下さい。私の大学でも今後、ケトジェニックダイエットアドバイザーが増えることを期待しています。

1  2

写真1                             写真2

3  4

写真3                             写真4

 参考図書および論文
斎藤糧三 (2016年)「ケトジェニックダイエット 糖質制限+肉食でケトン体回路を回し健康的に痩せる!(講談社)
福田一典(2016年)やせる!若返る!ケトン体食事法(洋泉社)
Paoli A et al. Beyond weight loss: a review of the therapeutic uses of very-low-carbohydrate (ketogenic) diets. Eur J Clin Nutr 2013; 67: 789-796.

写真1(ガストのアボカドシュリンプサラダ),2(ガストのほうれん草ベーコン),3は昼食の1例です。
写真4は夕食の1例です。

エンターテイメントという些細な味付け

2018/12/25

保健管理センター長の一言【エンターテイメントという些細な味付け】

 1974年から15年かけてフィンランド保険局が健康に関する前方視的調査を実施しました。その内容は、40~45歳の上級管理職1,200人を健康管理をしっかりするグループ(600人)(介入群)と何もしないグループ(600人)(非介入群)に分けました。介入群には4カ月ごとに健康診断が行われ、血圧と血清脂質値が目標値より高い人には降圧剤やスタチン製剤(血中コレステロール値を低下させる薬剤)が投与されました。さらに食事や運動のアドバイス、喫煙、アルコール、砂糖と塩分の制限など、実に丁寧な指導が行われました。非介入群には、調査の目的については一切知らせず、定期的に健康調査票に回答を書き込んでもらいました。このような指導を5年やって、10年間の観察期間としてどちらのグループも健康管理は自己責任に任せて、15年後に蓋を開けてみました。実験が始まった1974年から1989年の15年間の総死亡者数は、介入群で75人、非介入群では38人(有意差あり)でした。内訳は心疾患死、34:14(有意差あり)、その他の血管死、2:4(有意差なし)、がん死、21:13(有意差あり)、外因死(事故、自殺、他殺)、13:1(有意差あり)、その他の死因、5:6(有意差なし)でありました。さらに、介入群は自殺者が何人かいましたが、非介入群はゼロでした。
 この調査での指導法に関しての問題点は、安易に降圧剤を投与したこと(安易な降圧剤投与は愚の骨頂です)、コレステロールの数値を徹底的に管理したこと(当時はコレステロールは低いほどいいという観念があった)などが考えられます。しかしながら、一番の問題点はガチガチの健康管理を押しつけられたために、免疫の働きが弱ったのではないかと思われます。Natural Killer(NK)細胞という免疫の最前線で活動するリンパ球があります。NK細胞は田舎の交番のお巡りさんのような細胞で、体の中をパトロールして、パトロール中に悪さをするウイルスや細菌、さらにがん細胞を見つけるとやっつけてくれます。NK細胞の活性が低下すると、様々な病気に罹患しやすくなります。また、NK細胞の働きが鈍くなるとうつ病にもなりやすくなります。おそらく、ストイックな生活がNK細胞の活性を低下させたために介入群での結果に繋がったと推察されます。実際、笑う(愛想笑いでもいい)とNK細胞の活性が高まるります。笑うことは人間の特権です。健康を維持するための治療上の過保護と生体の他律的な管理は、健康を守ることにはならず、依存、免疫不全、抵抗力の低下、つまり不健全な状態をもたらします。健康維持には、自ら抵抗力をつけ、免疫機能を高める工夫が肝要です。健康管理には、あまり神経質にならない方が、元気で長生きできる?健康を他人に管理されたため、「~しなければならない」というプレッシャーがストレスを引き起こし免疫系に影響を与えた?自分のやりたいことをやっているストレスフリーの生活がいいのではないか?と思われます。
 自分の好きなことや楽しいことに出会うとわくわくする。小学校の遠足の前日におやつを買いに行くときのような気持ち。大好きなアーティストのコンサートに出かける前の気分。こんなちょっとハイテンションな気持ちを日常的に持ち続けることができれば、心身ともに健康を保つことができるのではないでしょうか。日常の生活にエンターテイメントという些細な味付けをして楽しい・幸せだと感じることが大切だとこのごろ感じています。
 私はスポーツ観戦が大好きです。春から秋にかけてはプロ野球、秋から春にかけてはBリーグ(バスケットボール)をDAZNで観戦して楽しんでいます。応援するチームの勝敗に一喜一憂しています。ここ3シーズンはプロ野球には行っていないですが、Bリーグの生の観戦には今シーズン2回行きました。アリーナでの観戦は行ってみないと分からないワクワクする独特な雰囲気を楽しむことができます。今年はルーブル美術館展、プーシキン美術館展、フェルメール展にも行きましたが、本物の芸術作品にとても感激しました。チケットをネットで購入して、コンビニで発券するときはワクワクします。iPhoneで日常の何気ない景色、人物像、食べ物などを撮り、もっと気に入った写真が撮れないかと工夫したり、夜、家でワインを美味く飲めるにはどうしたらいいか、今の季節はこのコーヒーが合うなとかなど、こんな些細なことにささやかな楽しみを感じて暮らしています。このような暮らしをしていると仕事するのも楽しくなり、能率も向上するような気がします。なんいでもいいから楽しんでするように心がける。こんな少しいい加減な暮らしがNK細胞の働きの鈍化を遅らせ、健康を保つことができるのではないかと思うようになりました。

1  2

写真1                             

3   4

写真2

5    6

写真3

  1   2

4     4

写真4

9

写真5

参考図書

奥村 康 (2009年)「「まじめ」は寿命を縮める「不良」長寿のすすめ」(宝島社新書)

写真1 柘榴坂。JR品川駅の高輪口を出たらすぐに見えます。「柘榴坂の仇討」の舞台です。

写真2 プーシキン美術館展で撮影したクロード・モネ作の「草上の昼食」。木にハートマークが描かれていますが、その意図は未だ不明です。

写真3 “悪魔の蔵”伝説ワイン「カッシェロ・デル・ディアブロ」。

写真4 フェルメール展で買った「ゴンチャロフ チョコレート」。

写真5 スターバックスのクリスマスブレンド。

「フェルメール展」

2018/11/16

保健管理センター長の一言【フェルメール展】

 上野の森美術館で開催されている「フェルメール展」に行きました(写真1、註1)。現存作35点ともいわれるフェルメール作品のうち8点が展示されていました。2015年に京都市美術館で開催された「ルーブル美術館展」ではフェルメール作品は「天文学者」1点のみでしたから、今回、8点も同時に来日しているということは凄いことだと思われます。この8点は「フェルメール・ルーム」と言われるひとつの部屋に飾られていました。
 フェルメール作品は「フェルメールブルー」、「光の魔術師」などと形容されますが、「フェルメール・ルーム」に入るとそんないっさいの言葉を超越した何とも言えない雰囲気が感じられました。フェルメール作品に限らず芸術作品に関して寓話や風刺、教訓など様々な「意味」が付け加えられています。そんなことは後世の人たちが勝手に言ったことであり、とにかく時間をかけてゆっくり鑑賞するのが一番いいのではないかと思います。実際に作品をゆっくり間近で、そして離れて観てみました。私はフェルメールは白色を上手く使って、光の調節を工夫しているように感じました。今日、私たちはスマホ、デジカメ、一眼レフなどで写真を撮り、その後、様々な機能を駆使して試行錯誤しながら編集して納得できる写真に近づくように試みます。それは写真を撮った者ではないと分からない写真に込めた思いがあるからです。フェルメールは私たちが日常、写真を撮り・編集する作業と同じように絵を描くことでその場面に込めた思いを伝えたかったように思います。寓話や風刺、教訓などで意味付けることなど必要ないのではないかと考えています。蛇足ですが、フェルメールが手がけた風景画は2点しかないとされています。その一つに「デルフトの眺望」という絵があります。この絵を何でフェルメールが描いたのかについては涙が出るくらいの逸話があります。
 今回、「牛乳を注ぐ女」という作品があります。この場面をイメージした「フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ」がSoup Stock Tokyoで販売されていました(註2)。飲んでみましたが、臨場感あふれるスープでした。スープストックセットというスープ2つ(Sカップ)とご飯orパンのセットを頼み、もう一つは「ゴッホの玉葱のスープ」を選びました(図2)。このような食べ物を「アート飯」と言うそうです。こんな遊び心もいいなあと思いました。
 上野にはいつも国内外からいろんな世界最高級の芸術作品が来ています。パンダもいます。心のリフレッシュにとてもよかったです。

註1 https://www.vermeer.jp/point/
註2 http://www.soup-stock-tokyo.com/vermeer/

1  2

写真1                             写真2

「日本の長寿村短命村」

2018/10/10

保健管理センター長の一言【日本の長寿村短命村】

 前回、東北大学名誉教授・近藤正二先生が執筆された「日本の長寿村短命村」(1972年6月27日初版発行)(写真1-3)に関して、少しだけ紹介しました。今回は詳しく解説されていただきます。読んでみて筆舌に尽くしがたい素晴らしい内容で感激しました。
 女性セブン2018年8月23・30日号に『新われらの時代に/食と習慣が証明する・日本の「長寿村」「短命村」』として紹介されました。その冒頭に以下のような文言が書かれていました。『絶版となった後も、専門家の間で語り継がれる一冊の本がある。1972年に初版が発行された「日本の長寿村・短命村」(サンロード出版)だ。著者は東北大学名誉教授で医学博士だった近藤正二氏(1893~1977年)である。衛生学を専門とする近藤博士は食生活や生活習慣が寿命に与える影響に大きな関心を持ち、1935年から1971年の36年にわたり、北海道から沖縄の八重山諸島に至るまでの全国津々浦々990か所を、自らリュックを担いで訪ね歩き、各地で長寿に関する研究を重ねた。そして、「どうすれば長寿になれるか」に徹底的にスポットを当てた研究を口述で編んだのが「日本の長寿村・短命村」なのだ。』
 近藤先生はこの研究を始められた時には、「酒を飲むところは短命で、秋田県の人が日本一短命なのは、どぶろくを飲むからだ。」、「重労働のところは早く老化して長生きをしない。」と考えておられました。ところが、調査を進めると「酒を飲んでも長生きする。」、「重労働をしていても長生きする、労働過重が短命にした事実がみられない。」、「辛い仕事でもむくわれる。」ことに気づかれました。そして、「結局、何が長寿、短命の分かれ道になっているかという実際においては、それが食生活であることは事実なのです。」と明言しておられます。
 「日本の長寿村短命村」を要約すると、長寿村・短命村の食事は1) 米偏食、大食の村は長寿者が少なく、住民が一般に早老で、とくに脳卒中による若死に(40歳ごろから)が多い。2) 野菜不足で魚を大食する村は長寿者が少ない。とくに心臓疾患による若死にが多い。3) 長寿村では必ず野菜を十分に常食している。果物は野菜のかわりをしない。4) 海草常食のところは脳卒中が少ない。このような事実から考えられる健康長寿食は、1) 米(精製穀物)を控える。2) 魚、肉、卵もしくは大豆を毎日食べる。ただし大食しない。3) 野菜は多く食べる。カボチャ、ニンジンは特によい。果物は無理に食べなくてもよく、嗜む程度でいい。4) 海草も常食する。5) 油を毎日少しずつとる。6) なるべく牛乳を飲む。7) 食事はよくかんで味わいながらゆっくり楽しんで食べるべきものである。そして、毎日運動をする。とくに毎日歩くことが大切である。さらに、「日々の仕事の中に楽しみを見出して、毎日すすんで働くのが真の楽しみであり、それがまた自然に健康長寿への道にも通ずるのです。そして、もしそれが少しでも世のため人のためになるなら、このうえ幸いであり、真の生きがいでしょう。」と付け加えられています。間違いなく、現代でも通用する健康長寿法ではないでしょうか。
 現在では、この健康長寿法が科学的に証明されるようになってきています。この本の最後には、「特に毎食、大豆製品と魚を少量ずつ必ず食べるようにつとめ、また油も毎日必ず摂るようにしました。すると自然に米の食べ方が少なくて十分満足するようになりました。それとともに疲労しやすい体がいつとはなしに疲れを感じない、根気のつづくような体に代わってきました。・・・・・私の研究はすべて理屈は抜きにして、もっぱら実際たしかめて知り得た体験ばかりです。どうか、ひろく役立てて、元気に長寿を得られるように願ってやみません。」と書いてあります。私も糖質を控え、そのため少なくなったカロリーをタンパク質、脂質(オリーブオイル、ココナッツオイル、オメガ3脂肪酸)で補い、野菜を1日400g以上摂ることを基本とした食事を3年半以上続けていますが、疲れにくくなったように感じています。
 近藤先生は料亭の美食を好まれなかったようです。夕食は家でゆっくり家族と楽しんでするものですので、私も料亭で食事するなど考えられないです。近藤先生は料亭などでの宴会では、魚や肉は少量ずつ手をつけられて、もしそこに人参がなければ、常に手もとにもっておられる卸しがねで人参のおろしを作って召し上がられたとのことです。とてもいい話だと思います。私も先日、出雲市内のホテルで会食があった際に、前もってキャベツ千切りの大盛、トマトスライス(1個分)、糖質0ビール(アサヒ クリアアサヒ 贅沢ZERO)500mlをお願いしました(写真4)。納豆(舌鼓 あづま食品)と携帯用ココナッツオイルは持参しました。これらを先に食べると、安心したような気持ちになります。 
 「日本の長寿村短命村」は島根県内では出雲市中央図書館、島根県立図書館、松江市中央図書館に所蔵されています。おそらく、全国主要都市の図書館なら所蔵されていると思います。食の大切さ・ありがたさを実感・感動するために多くの方々に読んでもらいたい書籍です。
 
写真1 「日本の長寿村短命村」(初版)。
写真2 「日本の長寿村短命村」(新版)。内容は初版と同じです。
写真3 「長寿村ニッポン紀行」。「日本の長寿村短命村」(初版)と同じころに出版されていて、内容は「日本の長寿村短命村」と一部重複しています(島大図書館所蔵)。
写真4 本文の通りです。

1   2

写真1                            写真2

3   4

写真3                             写真4

保健管理センター

前月2019/3次月
242526272812
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

新着ページ一覧