出雲キャンパスホーム > キャンパス情報 > 保健管理センター > 新型コロナウイルスの感染拡大防止に関する対応について(その1)

新型コロナウイルスの感染拡大防止に関する対応について(その1)

令和2年2月12日

学生・教職員の皆様へ

島根県立大学学長

 2019年12月以降中国湖北省を中心として新型コロナウイルス関連肺炎が発生し、短期間で世界に広まっています。日本国内においては現在、流行が認められている状況ではありませんが、感染者の発生が報告されているのが現状です。本学としても新型コロナウイルス感染拡大防止のため、学生・教職員の皆様には、当面、下記のとおり対応いただくようお願いします。

1.海外渡航について
 日本政府は1月31日付けで、中国への渡航に関する危険情報を、湖北省全域については「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」、中国のその他地域については「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」へ 、それぞれ引き上げました。さらに、今月1日からは、中国湖北省に滞在歴がある外国人の入国を拒否する措置をとるなど、入国管理が強化されています。
  本学では、こうした状況を受けて、学生・教職員に対し、当面の間、中国(香港、マカオを含む)への渡航の中止もしくは延期することを要請します。
 また、授業休業期間中に海外渡航を計画している場合は、 感染が発生している国や地域だけでなく、周辺国等の最新情報も併せて確認のうえ、計画の見直しを含めて安全確保を最優先してください。

2.海外からの帰国(来日)者
 ① 中国から帰国(来日) した学生・教職員は、末尾のフローチャートの手順に従ってください。
 ② 中国から帰国(来日)した人と接触した学生・教職員で、接触後2週間以内に発熱かつ呼吸器症状が出た場合は、末尾のフローチャートの「帰国(来日)の日から2週間以内に症状が出た場合」の手順に従ってください。
 ③ 中国以外の国から帰国(来日) した学生・教職員で、帰国(来日)の日から2週間以内に発熱かつ呼吸器症状が出た場合は、末尾のフローチャートの「帰国(来日)の日から2週間以内に症状が出た場合」の手順に従ってください。

3.その他
 国内でも、海外からの多数の旅行者等が訪れていることを鑑みると、注意が必要です。情報の入手に心がけ、冷静な行動に努めてください。手洗い、咳がある時にはマスクを着用、咳エチケット、規則正しい生活や十分な睡眠・栄養などの呼吸器感染症の一般的な予防対策を日ごろから励行して下さい。各自ニュースや下記のWebサイト上での最新の情報を逐次確認し、現状と対策を把握するようにしてください。

〇国立感染症ホームページ
https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2482-corona/9305-corona.html new_window

〇厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html new_window

〇文部科学省ホームページ
https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/ new_window

〇外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/ new_window

〇島根県 帰国者・接触者相談センターと帰国者・接触者外来の設置について
https://www.pref.shimane.lg.jp/medical/yakuji/kansensyo/other/topics/bukan2020.html new_window

中国から帰国(来日)した学生・教職員のみなさんへ