博士後期課程

1.概要

教育研究上の目的

 人間の尊厳を基盤とし、広い視野と高邁な倫理観に立って、看護学の発展に寄与する研究を自律的に継続できる研究力と、質の高い大学教育及び継続教育を実現するための教育指導力を兼ね備えた人材を育成する。
 専門的知識・技術を基盤とした科学的根拠に基づく研究成果を産出し、看護学の発展と島根県及び我が国の保健・医療・福祉の向上に寄与する。

アドミッションポリシー(入学者選抜方法)

看護学研究科(博士後期課程)への入学を目指す人には、以下の能力や特性を備えた者を求める。

 看護学を専攻する看護専門職として必要な教養と素養、倫理観を備えている。
 看護学に関連する基礎的な研究能力を有し、自律して研究に取り組む姿勢を備えている。
 看護学の充実・発展・革新を志向し、専門的知識・技術と教育指導力を備えている。
 看護学教育者・研究者、継続教育や自律して研究が継続できる看護専門職者のいずれかを志望している。
 論理的思考と柔軟な発想をもち、真理を探究できる。
 看護実践や研究を通して取り組むべき研究課題を有していることが望ましい。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

 以下を本研究科博士後期課程の教育課程編成の基本方針としている。なお、授業科目は、基盤科目、専門科目、研究科目に分類している。

 看護実践並びに看護学の発展に貢献する看護教育者・研究者の養成に必要な基礎的素養を涵養するために「看護研究特論Ⅰ」「看護研究特論Ⅱ」を必修の基盤科目として設定する。
  本研究科の教育研究上の目標の一つに、「看護専門職者として必要な高い倫理観と論理的思考力をもち、看護学の発展に寄与する研究を自律して行える」をあげている。その基礎的素養を涵養するために「看護研究特論Ⅰ」「看護研究特論Ⅱ」設定し、必修とした。

 基盤となる理論と知識を学修し、看護基礎教育、看護卒後教育、看護継続教育を展開できるよう「看護教育学研究」を必修の基盤科目として設定する。
  本研究科の教育研究上の目標の一つに、「生涯にわたり研鑽の必要な看護教育学に精通し、高度な専門的知識・技術と教育指導力をもって質の高い教育を展開できる」をあげている。看護教育学を看護基礎教育、看護卒後教育、看護継続教育に対応した看護教育を探求する学問領域としてコア科目に位置づけ、本課程修了後に目指す進路に対応できるよう「看護教育学研究」を必修科目として設定する。

 過疎・高齢化が進展する中山間地域・離島地域における健康課題を把握し、基盤となる知識や地域課題の特性を学修するために「看護研究特論Ⅰ」を必修とし、「島根と地域医療」「保健医療福祉政策論Ⅱ」、「健康栄養特論Ⅱ」を選択必修の基盤科目として設定する。 
  本研究科の教育研究上の目標の一つに、「過疎・高齢化が進展する中山間地域・離島地域における健康課題を把握し、健康栄養など地域のニーズに合った保健・医療・福祉施策の進展に向けた研究的取り組みができる」としている。本課程修了後に目指す進路並びに研究テーマに合わせて、基盤となる理論と知識の学修をするため「看護研究特論Ⅰ」を基盤科目の必修科目として設定する。また、「島根と地域医療」、「保健医療福祉政策論Ⅱ」、「健康栄養特論Ⅱ」を基盤科目として設定し、選択必修科目とした。

 専門領域の実践と研究の課題、用いられる研究方法について追究し、学位論文への取り組みへ導くよう「ウィメンズヘルス看護学特論Ⅲ」、「がん看護学特論Ⅲ」、「精神看護学特論Ⅲ」、「高齢者リハビリテーション看護学特論Ⅲ」及び「地域保健学特論Ⅲ」の専門科目を設定する。
  本研究科の教育研究上の目標の一つに「看護ケアが提供される場に関与する多様な要因を把握して、看護提供システムの改善・改革を目指した研究を指導できる」と「看護の専門分野における多様かつ複雑な問題の研究的解明とその成果を適用しつつ、多職種と連携し研究活動を推進できる」をあげている。修士課程の研究課題を発展させ専門領域の実践と研究の課題、用いられる研究方法について追究し、学位論文への取り組みへ導くよう「ウィメンズヘルス看護学特論Ⅲ」、「がん看護学特論Ⅲ」、「精神看護学特論Ⅲ」、「高齢者リハビリテーション看護学特論Ⅲ」及び「地域保健学特論Ⅲ」の5科目を専門科目として設定し、選択できるようにした。

 学位論文の研究に多様な視点で計画的に取組むために、早期から専門科目と「後期特別研究」を設定する。
  本課程において最終的な成果は、学位論文を作成することにある。その成果を標準修業年限の3年間で達成するためには、早期から計画的に取組む必要があるため、専門科目を1年・通年科目、「後期特別研究」を1~3年・通年科目で設定した。
  また、「後期特別研究」は履修する専門科目の分野において研究課題を設定し、主研究指導教員及び副研究指導教員による複数指導体制を基本とするが、他の研究指導教員による共同指導体制を加えることにより多様な視点から研究課題を助言・指導し、この教育研究上の目標を達成し、学位論文の研究への取り組みを導く。

ディプロマポリシー(修了要件に関する方針)

 本研究科博士後期課程のディプロマポリシーについては、以下のとおりとする。
 大学院看護学研究科(博士後期課程)では、所定の期間在学し、所定の単位を取得するとともに、学位論文審査に合格し、以下の要件を満たしたと認められる学生に対し博士(看護学)の学位を授与する。

 看護専門職者として必要な高い倫理観と論理的思考力をもち、看護学の発展に寄与する研究を自律して行える。
 生涯にわたり研鑽の必要な看護教育学に精通し、高度な専門的知識・技術と教育指導力をもって質の高い教育を展開できる。
 過疎・高齢化が進展する中山間地域・離島地域における健康課題を把握し、健康栄養など地域のニーズに合った保健・医療・福祉施策の進展に向けた研究的取り組みができる。
 看護ケアが提供される場に関与する多様な要因を把握して、看護提供システムの改善・改革を目指した研究を指導できる。
 看護の専門分野における多様かつ複雑な問題の研究的解明とその成果を適用しつつ、多職種と連携し研究活動を推進できる。

↑ ページの先頭へ戻る ↑

2.教育課程の概要

教育課程の概要

↑ ページの先頭へ戻る ↑

3.専任教員

専任教員
*●は主指導教員を示します。 主指導教員の研究テーマはこちらPDF

↑ ページの先頭へ戻る ↑

4.博士論文

2022年春に掲載予定ですオロリン


↑ ページの先頭へ戻る ↑