ホーム > 学部・学科等 > 看護学部 > 教育研究上の目的

教育研究上の目的


教育研究上の理念

 看護学部の教育研究上の理念は次のとおりです。

「市民的な教養を教授するとともに、看護学における高度な知識と技術を教授・研究
し、深い人間愛と倫理観を基盤としたヒューマンケアの基本と実践能力を身につけた
看護職を育成する。また、看護学の教育研究活動を通して地域社会における健康課題
を明らかにし、その改善のための研究を行い、研究成果を保健・医療・福祉分野はも
とより広く社会に還元することを目的とする。」

看護学部の育成する人材像

 教育研究上の理念を踏まえて看護学部では、3つの能力を柱とした「自ら考え行動できる、視野の広い専門職業人」を育成します。育成する人材像

  • 看護専門職として看護実践に必要な基本的な技術と知識を身につけ、深い人間理解と高い倫理観をもって判断し、行動できる人材
  • 市民的な教養と豊かな人間性をもち、保健・医療・福祉等に携わる人々と協働、連携できる人材
  • 地域の人々との関わりを通じて地域の特性と健康課題を明らかにし、課題解決に向けて創造的に行動できる人材

 ディプロマポリシー

 教育研究上の理念及び育成する人材像を踏まえて看護学部では、ディプロマポリシーを次のように定めています。
   
【ディプロマポリシー】
 看護学部では、所定の期間在学し、所定の単位を修得することで、以下の要件を満たしたと認められる学生に対し、学士(看護学)の学位を授与する。

  • 基礎的な専門知識と技術を身につけ、科学的かつ倫理的判断に基づく看護実践ができる能力を備えている。
  • 人の生き方や価値観を尊重し、援助関係が形成できる能力、また多職種と協働・連携する能力を備えている。
  • 地域特性を理解して多職種と協働・連携し、人々の健康上の課題解決を図る基礎的能力を備えている。
  • 研究的な姿勢を持ち、人々の健康の維持・増進に寄与する能力を備えている。

 カリキュラムポリシー

 育成する人材像を形成するために、看護学部ではカリキュラムポリシーとして

  • 看護を実践する能力の育成
  • 相手を理解し協働する能力の育成
  • 地域の特性と健康課題を探求する能力の育成 

 を掲げています。

 看護学部カリキュラムマップPDF

 看護学部授業科目表(平成27年度入学生)PDF