看護学科長メッセージ

梶谷みゆき 看護栄養学部長

 看護学は、健康という側面から人々と向き合い、彼らの穏やかな暮らしや幸福をめざす実践的な学問です。価値観が多様化し、人々の生活のあり方は様々です。保健・医療の場においても、健康の考え方、治療の選択や病とともに生きるあり方も、一人ひとり違います。また、人生の最期の時をどこでどのように過ごすのかも、様々なあり方が模索されています。
 人々の生き方(逝き方)や価値観を尊重して人間関係を形成できる力、専門的な知識・技術、そして科学的かつ倫理的な判断に基づいて看護を実践できる力、地域の人々との関わりを通して地域の特性や健康課題を明らかにし解決方法を考える力、3つの力を高めることを看護学科の教育の目標としています。看護栄養学部に共通する科目に加え、4年間を通して3つの力を高められるように、カリキュラムを編成しています。また、学生一人ひとりと向き合う対話型の教育、看護実践力と思考力を高めるための体験型の教育を大切にしています。看護学科の教育スタッフは、皆さんの夢の実現に向けて支援します。
         

看護学科長  梶谷 みゆき