3つのポリシー

看護学科が育成する人材像

看護学科が育成する人材像は、「自ら考え行動できる、視野の広い専門職業人」であり、具体的には次のとおりです。
① 看護専門職として看護実践に必要な基本的な技術と知識を身につけ、深い人間理解と
  高い倫理観をもって判断し、行動できる人材
② 市民的な教養と豊かな人間性をもち、保健・医療・福祉等に携わる人々と協働、連携できる人材
③ 地域の人々との関わりを通じて地域の特性と健康課題を明らかにし、課題解決に向けて創造的に
  行動できる人材

アドミッションポリシー(入学者選抜方針)

看護学科への入学を目指す人には、以下の能力や特性を備えた人を求めます。
① 人間が大好きで、生命の尊厳を重視し、看護に高い関心がある人
② 強い責任感と倫理観に支えられた豊かな人間性を備えている人
③ コミュニケーション能力や看護学を学ぶ上で必要な学習能力をもつ人
④ 主体的に課題を解決する意欲と行動力を備えている人

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針) 

以下を看護学科の教育課程編成の基本方針としています。
① 看護を実践する能力の育成
② 相手を理解し協働する能力の育成
③ 地域の特性と健康課題を探求する能力の育成

ディプロマポリシー(修了要件に関する方針)

 看護学科のディプロマポリシーについては、以下のとおりです。
看護学科では、所定の期間在学し、所定の単位を修得することで、以下の要件を満たしたと認められる学生に対し、学士(看護学)の学位を授与します。
① 基礎的な専門知識と技術を身につけ、科学的かつ倫理的判断に基づく看護実践ができる能力を備えている。
② 人の生き方や価値観を尊重し、援助関係が形成できる能力、また多職種と協働・連携する能力を備えている。
③ 地域特性を理解して多職種と協働・連携し、人々の健康上の課題解決を図る基礎的能力を備えている。
④ 研究的な姿勢を持ち、人々の健康の維持・増進に寄与する能力を備えている。
 
 

カリキュラムマップ

どんな勉強するの?

※詳しいカリキュラムマップはこちらから(クリックするとPDFが開きます) PDF