出雲キャンパスホーム > 学部・学科等情報 > 看護栄養学部 > 看護学科 > 2019年度コミュニティ実習報告会を開催しました

2019年度コミュニティ実習報告会を開催しました

日 時:2019年6月25日(火)13:30~15:40
場 所:島根県立大学出雲キャンパス 2号館3階 大講義室
参加者:66名
    コミュニティ実習履修生(3年生)27名
    本実習でお世話になった地区のコミュニティセンター職員・住民のみなさま
    公衆衛生看護学教員、学内で聴講を希望する学生や教職員

 コミュニティ実習(3年次春学期)では、保健師資格の取得を目指す学生が5つのグループに分かれ、担当地区を決めて、地区内での保健活動の実際や地域診断を学びます。
実習を締めくくる報告会において、今年度の実習に取り組んだ学生27名が、グループごとに地域診断結果や実習での学びを報告しました。
 報告を受けて、どのグループも重要と考えた「健康に暮らせる地域とは」をテーマに全体討議を行いました。学生だけでなく参加してくださった地域の関係者のみなさんからもご意見をいただき、さらなる学びとなりました。また、実習指導者や地域のみなさまからは「報告の内容を今後の活動の参考にしたい」等、期待と励ましの言葉をいただきました。
学生達にとっては、地域診断の必要性や保健師活動の実際を理解するとともに地域との関係づくりも学んだ実習となりました。

2019年度コミュニティ実習報告会を開催しました