学科長メッセージ

名和田学科長 学科長メッセージ

 わが国では、少子高齢化が進む中、21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)において、「健康寿命の延伸」及び「QOL(Quality of Life)の向上」を目的として掲げています。その実現ためには、栄養ケアが重要であることは言うまでもありません。管理栄養士は人々が健やかに育ち、地域で生きがいを持って生活し、健康長寿をまっとうすることができるよう、食を通して支援する「栄養と食」の専門職です。
 現在の日本の栄養問題は、少子高齢化や社会構造の変化、価値観の多様化などにより、「過剰」や「偏り」のみならず「不足」の問題もクローズアップされ、より複雑となってきました。これに伴い、管理栄養士に求められる知識や技術がより高度な専門的となるとともに、多種多様なスタッフがそれぞれの専門性を活かし、連携・協働することが求められるようになってきました。
 健康栄養学科では、看護栄養学部という特徴を生かし、栄養・看護の両学科の学生が実践を見据えて一緒に学ぶ連携科目を配置し、関連職種と協働できる管理栄養士を育成します。ライフステージに応じた健康増進から生活習慣病などの疾病の予防と改善、高齢者の在宅栄養ケアまで、個々人の身体の状況に応じた栄養の指導を実践できる管理栄養士の育成を目指しています。
自然に恵まれた出雲の学び舎で、地域の栄養を護る管理栄養士を目指してみませんか。

健康栄養学科長 名和田 清子