出雲キャンパスホーム > 看護栄養交流センター > キャリア・研究支援部 > シミュレーション研修  > シミュレーション研修1-2 > 平成30年度 シミュレーション研修2【静脈注射】を開催しました

平成30年度 シミュレーション研修2【静脈注射】を開催しました

 平成30年8月23・24日の2日間、島根県立大学出雲キャンパスにて、シミュレーション研修2【静脈注射】を行いました。「臨床現場で安全・正確に静脈注射を実践できる看護職を育成する」ことを研修目的に、復職を考えている看護職の方や病院・福祉・介護施設などで勤務している看護職の方など、9名が受講されました。

研修の様子1

島根県立中央病院薬剤局伊藤薬剤師から「注射薬に関する基礎知識」の講義を受けました
研修の様子2

本学松本准教授から「静脈注射における看護師の責務」「静脈注射の基礎知識」の講義を受けました
研修の様子3
処方箋を確認しながら薬液・物品を準備しています
研修の様子4
点滴ルートを作成し、滴下計算を行っています
研修の様子5

装着モデルを用いて、点滴静脈注射の練習をしています
研修の様子6

2日間の学習成果を、一連の手技として技術チェックを行い、自己の課題を明確にしました

【参加者の感想(一部抜粋)】
・基礎的な部分を再度学ぶ事ができて意義のある二日間でした。丁寧に教えてもらえて感謝しています。
・ほぼマンツーマンの研修でとてもためになりました。
・他の方の声かけや技術を見て参考になることが沢山あって良かったです。
・丁寧に指導していただき自信になり、働きたいという気持ちが強くなりました。