出雲キャンパスホーム > 看護栄養交流センター > 地域連携推進部 > シニア・ジュニアキャンパスツアー

シニア・ジュニアキャンパスツアー

 キャンパスツアーをご希望される団体は、事前にお申し込みをお願いします。
 ※ 学内行事等でお断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。
   依頼書は、こちらをクリックしてください。 → 依頼書様式Excel

   お申し込み先:島根県立大学出雲キャンパス 看護栄養交流センター
            TEL:0853-20-0220   FAX:0853-20-0201
            e-mail: i-koryu[アットマーク]u-shimane.ac.jp   
                  (アットマークの箇所を半角の@に変換して送信してください)

開催実績

 美郷町あけぼの学級シニアキャンパスツアー

  【日時】平成30 年11 月7 日(金)10:00~12:30
  【場所】出雲キャンパス 2号館 213講義室
  【内容】①講話「この物忘れは大丈夫?! それとも認知症?!」 荒木さおり助教
       ②施設見学(216実習室、図書館)
       ③学食体験
  【参加者】地域住民15名

美郷町あけぼの学級

  ◆認知症は脳の病気であること、老化に伴う物忘れと認知症の違い、認知症の予防・悪化防止の
   ポイントについて、認知症クイズを交えながら楽しく学べる講話でした。生活習慣病を予防し、
   運動を続け、脳を活性化する活動や食生活を見直すことによって、認知症を予防し、悪化を防
   止することが大切ということが学べました。
  ◆認知症は参加者にとって身近で関心の高いテーマでした。参加者は、「とてもよく理解できたの
   で、ますます健康に気をつけたい」と感想を話されていました。
  ◆看護実習室や図書館も見学し、和やかな雰囲気で学食体験もできました。

 

 乙立コミュニティセンター シニアキャンパスツアー

  【日時】平成30年10月19日(金)9:30~12:30
  【場所】出雲キャンパス 3号館 217講義室
  【内容】①講話「出して元気、腸を整える」 吉川洋子 教授
       ②施設見学(216実習室・中講義室・図書館等)
  【参加者】地域住民33名

乙立コミュニティセンター

  ◆良い腸内フローラを作るためには、良いうんちを出すことが大事で、日頃の生活習慣が重要であることなどを
   参加者の皆さんは熱心に聴講されました。また、吉川教授手作りの特製野菜ジュースも、美味しいと好評
   でした。
  ◆講話の後は実習室・中庭・中講義室・図書館を見学し、 学食体験では和やかな雰囲気でした。

 

 荒木地区はまひるがおの会 シニアキャンパスツアー

  【日時】平成30年9月11日(火)9:15~11:30
  【場所】出雲キャンパス 5号館 栄養教育実習室
  【内容】①講話「認知症予防・高齢者の栄養に関する注意点」 籠橋有紀子 准教授
        ポイント:健康寿命のために意識して魚食を取り入れることが大切
       ②施設見学
  【参加者】地域住民21名
 
荒木地区はまひるがおの会キャンパスツアー

◆ 健康に欠かせないあぶらの働きと、効果的なあぶらの摂取方法を学んでいただきました。
  参加者はとても熱心に聴講され、質疑応答も盛んでした。
◆ 健康栄養学科では、最新設備を備えた調理実習室などを見学していただきました。

 上遥堪健康クラブ シニアキャンパスツアー

  【日時】平成30年8月2日(木)9:30~11:30
  【場所】出雲キャンパス 5号館 栄養教育実習室
  【内容】①講話「元気長生き!食の秘訣!」 健康栄養学科  細川 優 准教授
       ②施設見学
  【参加者】地域住民13名

  上遥堪キャンパスツアー

  ◆暑さの中、まずは熱中症予防ということで、細川准教授・多々納助教手作りのスポーツドリンクを飲んでいただき、
   好評でした。
  ◆講話を楽しく聴講していただき、その後、健康栄養学科棟の実習室を中心に見学を行ないました。
  ◆参加者の方から地元の美味しい食材を紹介していただき、健康栄養学科の教員と有意義な交流の時間となりま
   した。

 過去の開催実績 

 ■平成30年2月13日  シニアキャンパスツアー(えにしの会)を開催しました。

 ■平成29年10月17日  シニアキャンパスツアー(大社町民生委員児童委員協議会)を開催しました。

 ■平成29年9月15日   シニアキャンパスツアー(上遥堪健康クラブ)を開催しました。