出雲キャンパスホーム > 研究 > プロジェクトセンター > いずもサマースクール

いずもサマースクール

いずもサマースクール

いずもサマースクール

 Summer Treatment Program(夏期治療プログラム)という、アメリカで20年以上続けられてきた、ADHDの子どもたちのための、包括的治療プログラムがあります。日本では福岡県久留米市においてNPO法人くるめSTPにより、2005年から実施しています。
 NPO法人くるめSTPの取り組みは、アメリカで開発されたオリジナルのSTPを、日本文化に適したプログラムに修正したもので、「くるめSTP」と呼ばれ、これまで一定の成果をあげています。
 そして2010年夏、先進的な「くるめSTP」を参考にしながら、“いずもバージョン”の「いずもサマースクール」がスタートしました。

いずもサマースクール

実施概要

期  間 8月中旬~下旬に5日間開催します。
      (7月~8月に事前説明会を2回実施します。)
会  場 島根県立大学 出雲キャンパス

対 象 者 小学校の通常学級に在籍し、次の条件を満たすお子さんが対象です。
      ① 医療機関からADHDの診断を受けているか、同様の課題が明確に認められること。
      ② 当該学年の学習内容に概ね対応できること。
      ③ 小学校3~6年生であること。
      ④ 5日間のプログラムに続けて参加できること。

募集人数 10名程度
      (応募多数の場合、お断りする場合があります。)

参 加 費 教材費、レクにかかる費用、保険料等 の 参加費がかかります。
      (2018年度は5,000円)

募集時期 5月中旬に募集を開始します。

申込締切 6月下旬

スタッフ  島根県立大学出雲キャンパス教職員(医師、看護師含む)および大学生、小中学校教員

いずもサマースクール※上記は2018年度の実績です。2019年度については
 一部変更する場合があります。詳細は5月中旬頃に
 HP上で公開予定です。

プログラム

活動の流れ

 一日は8:55から16:20までです。活動例は2~4日目の内容です。1日目は午前中にオリエンテーションを行います。5日目は目標の達成度によって、お楽しみ会や奉仕活動があります。

いずもサマースクール

活動内容

「スポーツ」

 ADHDの子どもたちの多くは、「スポーツ」に関する失敗をたくさん経験しています。特に集団競技(野球やサッカー)で失敗を繰り返すことは、子どもたちの自尊感情を低下させるだけでなく、チーム内、仲間内での人間関係にまで影響を及ぼすことになります。
 サマースクールでは、ADHDの子どもたちの、「スポーツに関する技術と知識の習得」「仲間内での地位の改善とそれに伴う自尊感情の高揚」を目的としてスポーツを実施します。

「学  習」

 「学習」の目的は、子どもたちの学力維持と、学習の場における不適切な行動を修正することです。不適切な行動が減少することで、学習力が改善します。子どもたちの「どうせできない」という学習に対する低い自己評価を、「やればできる」に向上させることにつながります。
 学習スタイルには「プリント学習」「教え合い学習」「パソコン学習」の3つがあります。
 「プリント学習」は、個人の学力に応じて、計算、国語の視写、読解の課題別プリントをします。誤りや書き忘れがあれば、満点になるまで書き直しをします。
 「教え合い学習」は、子どもたちの力に応じた読み物プリントを使い、学年によるグループを作って学習します。マニュアルに従って司会進行をし、決まりを守って音読し、感想を話し合ったり、文章に沿った問題について話し合ったりします。こうして、仲間と協力して学習を深めていくために必要な力を身につけます。
 「パソコン学習」は、1人1台のパソコンを使用し、決まりを守りながら自分のペースで学習を進めます。

「創作活動」

 米国のSTPには「水泳」活動があります。いずもサマースクールでは、「水泳」活動の代わりに「創作活動」を取り入れています。仲間と一緒に道具を使うことや、決められた時間の中で作品を作ることなどを学びます。創作活動では毎日日替わりで、旗づくり、額縁づくり、プラ板工作、アイロンビーズに取組みます。

ポイントシステムについて

ポイントシステム

 サマースクールではポイントシステムと呼ばれる方法をとります。お友だちに良いことをするとポイントが増えます。反対にお友だちが嫌がることをするとポイントが減ります。ポイントが増えたり、減ったりするたびに先生が教え、ポイントシートに記入していきます。いろいろな活動が終わるたびに、みんなで集まってポイントチェックを行います。その時に先生がみんなのポイントがどのくらい増えたのかを一人ひとりにお知らせします。たくさんポイントをもらえるとご褒美がもらえたり、最終日にお楽しみ会に参加できたりします。
ポイント対象行動と加点・減点のシステムについての詳細はコチラPDF

活動の決まり

 サマースクールでは活動ごとに守らなければいけない『決まり』があります。『決まり』を守ると“決まりを守る”でポイントが増え、『決まり』を破るとポイントが減る仕組みになっています。
活動の決まりについての詳細はコチラPDF

※ポイントシステムの出典
『夏休みで変わる ADHDをもつ子どものための支援プログラム くるめサマー・トリートメント・プログラムの実際』  山下裕史朗・向笠章子編 くるめSTP書籍プロジェクトチーム著 遠見書房

活動の様子

2018年度

いずもサマースクールいずもサマースクール

いずもサマースクールいずもサマースクール

いずもサマースクールいずもサマースクール

お問い合わせ

 島根県立大学 出雲キャンパス
 小児看護学 准教授 高橋恵美子
 電話番号:0853-20-0247