学納金

学納金

学納金

1.入学金

  入学手続時に納付いただく入学料は、次のとおりです。
     県内者  188,000円
     県外者  282,000円
(注1)「県内者」とは、次のいずれかに該当する者とし、「県外者」とは県内者以外の者をします。
     (公立大学法人島根県立大学授業料等徴収規定)
    ① 入学する日の1年以上前から引き続いて島根県の区域内に住所を有する者
    ② 入学する日に1年以上前から引き続きて島根県の区域内に住所を有する配偶者又は2親等内の親族を有する者
(注2)納付された入学料は、返還することができません。

2.授業料

在学中に授業料の改定があった場合は、改定後の額が全ての学生に適用されます。 

春学期

秋学期

合計(年額)

267,900円

 267,900円

 535,800円 

(注)授業料の春学期分は5月10日まで、秋学期分は11月10日までに納付してください。

3.学生教育研究災害傷害保険料・学研災付帯賠償責任保険料

 入学時 2,790円(2年間分)
       4,150円(3年間分)
 この保険は、学生の通学中、正課中、学校の行事中、課外活動中の不慮の災害、事故等により身体に障害を被った場合の補償や、国内において、学生が正課、学校行事及びその途中で、他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊したことにより被る法律上の損害賠償を補填します。全員に加入していただきます。
*長期履修制度等の場合は、別途ご相談ください(問い合わせ先:島根県立大学出雲キャンパス学務課)

奨学金・融資制度

1.本学独自の奨学金制度

(1)杉谷藤子大学院教育奨学金
 島根県立看護短期大学初代副学長であった、杉谷藤子様のご厚意による「大学院で看護を学ぶ学生への支援」のための寄附金により創設しました。ただし、一定の条件を満たす必要がありますので、詳細については入学後にご確認ください。入学年度に授業料相当の奨学金を一括給付します。令和4年度は4名程度募集します。

(2)大学独自の支援制度による授業料及び入学料減免制度 
 経済的支援として、大学院に在籍する日本人学生を対象として一定の条件(家計)の下で授業料及び入学金の減免を行います。
 減免額:国の修学支援制度の準ずる  
       家計基準(同一世帯親権者の総所得額300万円以下、学生本人が一定の奨学金利用)  
       国の修学支援制度の準ずる  
 詳しくは学務課にお問い合わせください。

(3)経済支援奨学金
 経済的な理由で授業料の納付が困難な学生について、学業成績を考慮した上、授業料半額相当の奨学金を給付する制度があります。ただし、一定の条件を満たす必要がありますので、詳細については入学後にご確認ください。

2.独立行政法人日本学生支援機構奨学金

 日本学生支援機構では、優れた学生で経済的理由により修学に困難がある人に対して、学資の貸与を行っています。

  貸与金額(月額):大学院の課程区分に応じた金額を選択します。 jasso_getugakutaiyo2
出願:出願手続きについては、説明会を行います。掲示によって日程をお知らせしますので希望者は出席してください。  
採用:出願者の中から日本学生支援機構が定める推薦基準等により学内で選考し推薦します。その後、機構から採用通知があります。 

3.その他の奨学金

 各自治体、病院等の修学資金貸与制度  
  案内が届き次第、掲示板等でお知らせします。

4.授業料奨学融資制度

 金融機関が授業料相当額を島根県立大学の学生を対象に融資を行う授業料奨学融資制度があります。ただし、一定の条件を満たす必要がありますので、詳細については入学後ご確認ください。